Tuesday, February 16, 2016

iPhoneのメールアプリからGmailのエイリアスで送信しよう(iOS9版)

Gmailは現在Exchangeの提供をやめているのでiPhoneにプッシュされてこないわけですが、iOS用のGmailアプリを入れれば擬似的にプッシュとして利用できる。ところがGmailにくるメールをいちいちプッシュされてると通知ばっかり来てめんどくさいですよね。プライマリフォルダに来るものだけ通知するようにしてもやっぱりめんどくさい。

そこで俺はiPhoneのメールにGmailのエイリアスを設定しています。そして、Gmail上で「エイリアスに送られてきたメールはiCloudのメールに転送する」というフィルタが作ってある。重要な連絡をする相手にはこのエイリアスを教えておけば、iCloud経由でプッシュされてくるのですぐに気がつけます。

で、以前はiPhone標準のメールアプリが実はRFC的によくないこのエイリアスを設定してもGoogleアカウントとして認識してくれたので送信にも問題なく使えました。ところが最近はエイリアスでのログインを弾いちゃうようになったのです。iPhoneを復元で移行したときはそのまま使えるけど新しく設定しようとするとGoogleの認証画面でアカウントが見つからないと言われるし、ここでエイリアスじゃないのを入れるとメールアドレスがマッチしないと言われます。
そこでGmailだけどアカウントの追加でGoogleを選ばずその他を選びます。
サーバーはimap.gmail.comでおk
メールアドレス、アカウントにエイリアスを入力します。

問題はパスワードなんですが、2段階認証を設定してるひとはここでGoogleのパスワードを入れても通りません。そこでGoogleのアカウント設定ページでアプリ固有のパスワードを発行します。
Googleのアプリでも2段階認証に対応してないとこれを使う。
このパスワードを入力すればサーバの認証が通るはずです。SMTPサーバの設定が必要な場合はそっちにも使えます。使えるかな?使えなかったらもう一個発行すればよろし。ちなみにアルファベット16個が区切られて表示されますが当然スペースは無視して入力する必要がある。これで送信にも受信にもエイリアスが使えるようになりました。

なおこの方法だとGoogleとiPhoneのネイティブな連携を使わないことになるので、カレンダーやノート、アドレス帳は同期されない。そっちも同期したい場合はエイリアスではない直接のアカウントでGoogleを追加して、メールだけオフにしておけばメールがダブることもない。
自分はノートだけ同期するようにしてる
Gmailアプリは複垢にも対応してるし垢を分けたほうがわかりやすいってひとはそっちのほうがいいかもしれません。でも自分はブラウザでGmail開いてることが多いしなるべく一つのアカウントで管理したいのでこういう運用してます。(^^)/