Friday, February 19, 2016

西の魔女が死んだ(ネタバレあり)

梨木香歩の代表作の一つ、西の魔女が死んだ。少しずつ成長していく少女と、優しくも時に厳しく孫の成長を見守る祖母のハートウォーミングなストーリー。読んだあと、まるで自分も清純な人間になったかのような気持ちになれますw

すっごくいい話なんだけど、自分は読んでいてどうしてもモヤモヤするところがあって、でも話のモロ核心部に関わることなので言いづらい。なのでずっと黙ってきたんだけど耐えきれなくなったので書いてしまいます。読んだことがあるひと、今後読むことはないひと、ネタバレを一切気にしないというひと以外は下を読まないように。

最後おばあちゃんが死んで、まいがおばあちゃんの家を訪れた時に窓ガラスにさっきまでなかったメッセージが書かれていておばあちゃんが死んでから書いたんだとわかる部分があるじゃないですか。個人的には、あれ「さっきまでなかった」ということろ要らないと思うんだよなあ。あれによっておばあちゃんが魔女だということが確定してしまった。

自分としては本当に魔女なのかどうかわからない、もしかしたらおばあちゃんは精神的な意味で魔女という言葉を使っていたのかもしれない、という余地を残しておいてほしかった。窓ガラスに書かれたメッセージはおばあちゃんが死ぬ前に可愛い孫のために書いておいたのかもしれない、という。そしてまいはそれをみて、それでもおばあちゃんは魔女だったと核心する。

そっちのほうがより感動的なエンドになると思うんだけど、どうでしょうね。