Friday, February 19, 2016

私の男 (文春文庫)

久しぶりにコメディでもSFでもライトノベルでもない小説を読んだ。父娘の近親相姦を描いた小説で、読む前にAmazonのレビュー見たらかなりマイナスな意見が多かったのでどうかなーと思いつつ読んだ。

でも俺的には意外なほどあっさりした書き味だと思ったかな。特に前半のむせ返るような濃厚な男と女としての関係性から、どんどん淡白になっていく。

それはこの小説が章ごとに時間を遡っていくように構成されていることと大きな関係があるだろう。筆者はかなり意識的に濃淡を作っている。

最後の章なんかは本当に静かで、もはや途中で2回殺人があったことなど忘れてしまうほどw そう、一応殺人が出てくるサスペンスなんですね。しかしこれほどまでに殺人が軽視されているサスペンスも珍しいんじゃないか。

近親相姦ということで禁断の愛がテーマになるわけだけど、ネガティブなレビューもほぼそこに根ざしたものだ。自分としては小説として描かれる分にはまったく嫌悪感を感じないのだけれども、あるレビューには「文学といえども許されない」とまで書かれていてとても意外だった。小説内において殺人については許容されるのに近親相姦はそこまでタブー視されてるんだなー。

他にも読後感が悪いという声が多いけど、ほんと自分としてはかなりあっさりと終わっていると思った。むしろこれ、時間軸を普通に過去から未来に並べ直したら、それだけでかなり濃縮された退廃小説ができあがる。つまりそれを避けてこの構成にしたんだろうな。

美しいとは思わないが、正しくもないが、哀しい小説だ。