Saturday, January 9, 2016

アップルミュージック

昨日の夜ふと思い立ってアップルミュージックを開始してみたんだけどこれはダメだね。この先はわからんけど現状はとりあえず俺には合わない。
・多少マイナーな日本のバンドの音楽を好むのだがそのあたりはかなり弱い。自分の中ではかなりメジャーと思ってるバンドでもアルバムが1つか2つとか。
・ジーニアスの情報がまったく利用されていないのでオススメが偏りすぎ。これ本当に理解できない。せっかくのジーニアスなのになんで使わないの?おかげでたかだか数十のアーティストを好きというだけでリコメンドされるからもう当たり前のようなつながりしか再生されない。人によって聴き方は違うだろうけど俺は「緩くこんなジャンルはあまり含まないで古い曲から新しい曲まで満遍なくシャッフルして、わずかに好みを加味して聞く」というのが最高なのだ。これからするとアップルミュージックはまったく適していないと言わざるをえない。アップルミュージックは「このアーティスト、この曲に関連性が高い曲を流して!」というサービスなのだ。
これが月々500円ならまだ考えるけど、自分の使用頻度と合わせて考慮すると今はまだ使わないなー。せめてiTunes Matchと統合してからいらっしゃい。

[追記]
一度iTunes上のアップルミュージックの表示をオフにしたらライブラリの曲ほとんどからレーティングが消えました。Time MachineからiTunes Library.itlを取り戻してなんとか事なきを得たけど、これはひどい仕様。個人的にはぜっっっっっったいに使ってはいけないサービスだと思います。