Monday, March 2, 2015

特に読む価値のないiPhone 6 plusレビュー

なんと発売から半年以上経ってるのにiPhone 6 plusを買ってしまいましたよ!なぜかというと今年の夏も山に登りたいんだけどほんと山ではSoftBankって繋がらないんですよね。まあSoftBankだけでなく、auもSBよりはいいけどやっぱり繋がらないのでほぼdocomoの独壇場です。

それでdocomoにする必要が出てきたんですが、私用で今春から名古屋を離れてけっこうな地方にいくことになり、LTEも繋がらないっぽい。LTE使わないのにLTE込みの料金を払うのは癪ですよね。

ということでキャリアの縛りのないシムフリーを買って、MVNOと契約しようと思うのですが、シムフリーを買う以上いつ買ったって関係ないので5sの月々割がまだ残ってるSoftBankの契約はギリギリまで残しておいて5s用のSIMで6plusを使おうという魂胆です。ちなみにMVNOは楽天のにするつもり。LTEなしの3G制限なし、電話番号つきで月々1250円。LTEなしってのは都会に住んでるときついと思うけどLTE範囲外ならこのプランはかなり魅力的だと思う。回線はもちろんdocomoだし。

シムフリー機はAmazonで購入しました。注文から2日で届いた。早い。6は最初シムフリー機がAppleから直接販売されたことで話題になったけど12月には販売が中止に。最初は円安の影響とも言われたけど、Apple Storeのお兄さんに聞いたところ中国の業者が数百台という単位で買っていったためだそうです。しかしシムフリーはキャリアとメーカーの癒着をなくことにメリットがあるわけで、癒着がなければAppleとしては相手が誰だろうと売れるだけ売って問題ないはず。そこで中止にすることに何かしらの裏を感じますね。

まあしかしそんなことはどうでもよくAmazonで12万2500円で購入できました。64Gのゴールドですが買ってからゴールドだったことに気がついた。でもこれはこれでいい色だな。

なぜ6ではなく6plusにしたかというと、去年は山でASUSのタブレットで地図を見ていたんだけど、やっぱり携帯とタブレット両方持っていくのは面倒なので1台で済ませたくなったんですね。地図を見るためにはやはり画面はおおきいほうがいい。

ということで6plusにしたわけだけど最初の感想としては「でかい!」ですw 店頭で触ってる時はふーんと思うくらいだったけど実際に実用してみると思った以上の大きさ。片手でネットするのもなかなか難しいし、布団で寝転がってる時に片手で操作というのはほぼ不可能というレベル。バッテリーの持ち、光学手ブレ補正という6plusならではのメリットはあるものの普通は6にしたほうがよさそうです。

そして6plusにしてよかったこと、これは6も同じなんだけど、指紋認証の失敗がまったくなくなった!買ってから2日たつけど、まだ一度も失敗してない。なんでも通してるんじゃないの?と思って登録してない指で試してみたけどちゃんと弾かれましたw 5sも認識率は低くないデバイスだと思ってたんだけど、それでも半分近くは弾かれてたから雲泥の差があります。

ケースは透明なソフトケースで前面のエッジもカバーできるものにした。山で使うことから耐衝撃も検討したけどあまりにゴツいし、実際に山で使うときはさらに防水ケースに入れるからとりあえずはこれでいいかな、と。手帳型のものが人気だけどあれにするとプッシュの通知とか気がつきにくいから画面はだしておきたいし。

ちなみに先日モバイルバッテリーを新調しました。前のも合わせると23000mA持ち歩くことになり、太陽光パネルも持ってるから今後山でバッテリー切れになることはないでしょうw Canon EOS 6Dのバッテリーも3個あるし。俺は山を歩くバッテリーか。

なおこの文章はASUSのタブレット用に買ったBluetoothキーボードで書いてます。あのタブレットは機能は問題なかったけどCPUだけ物足りなくて変換に時間かかるためキーボードも使わなくなっちゃったんだけど、6plusだとラグなく変換できるため非常に快適です。画面上のキーボードもないから画面が広く見えるしね。ちょっと変換の表示とディスプレイ上の位置に不整合があって時折不便を感じるものの、ある程度の文章を打つならこのキーボードのほうが楽。

結論としては「大画面が必要なら6plus、必要ないなら6のほうが良い」と言えるのではないでしょうか。