Monday, October 20, 2014

2014-10-12 北アルプス黒部峡谷縦走 秘湯めぐり7日間6日目 黒部ダム〜下ノ廊下〜阿曽原温泉

さて今日こそは今回の旅のメイン、黒部峡谷「下ノ廊下」です。まずはロッジくろよんから黒部ダムまで歩く。天候はよし、気温も高め。天気予報によると台風が近づいてるそうでロッジくろよんはかなりキャンセルが入ったとか。しかし13日の午前中はまだ持ちそうなので、13日の昼前にゴールすれば大丈夫そう。

ダムの横の通路を抜けていきます。

7時ちょうどにダムの下に到着。登山してると高所や吊り橋はけっこう平気になるんですけどこの橋はけっこう怖かった。逆に水面までの距離が短くて、かなり速い勢いで流れてるのが見えるからかな?

それでは失礼しまして。

あーいい水だなー。水温はともかくとして、黒部ダムから飛んでくる細かい水滴が冷たい!身体が冷える!

もうちょっと放流が見やすい写真。

ここから1時間くらいはそこまで高い崖でもなく、むしろアップダウンが多くて「あー、わりと普通の登山ぽい道なんだなー」と思ってました。

黒部峡谷が1年のうち9月10月の二ヶ月間しか通過できないのは、上部にこの雪渓があり雪で閉ざされているからです。10月中旬になるとけっこう小さくなっているとのことですが、この通り登山道の下には大きなスノーブリッジがあり、黒部の雪深さを感じさせる。

この辺りから段々道が本格的に崖になってくる。幅が狭いのでつい山寄りを歩きそうになるけど、そうすると今度はザックが出っ張った岩にあたって危険なのであくまで道の中央を歩くようにしなくてはならない。山側には針金が通してあるので、滑ったときはすぐ掴めるようにしておく。通算2回くらい滑って針金掴みました☆(ゝω・)vキャピ

こうやって岩をえぐって通した場所も多いので、ザックが上にあたったり頭を打たないようにヘルメットを被って注意して進んでいく。

こういうことをして遊んでいる場合ではありません。

十字峡に着いた。川の水が本当に綺麗だ。

ほんとえげつない高度がある。高度感でいえば大キレットより圧倒的に高い。しかも大キレットは岩場だから両手で岩を掴んでいるっていう安心感があるけど、ここは足だけで歩いてるわけだからある意味こっちのほうが不安定だ。

4時間ちょっとでS字峡の吊り橋に到着。標準タイムとしてはこのあたりで7時間近くてもおかしくないはずなので、けっこう早いペースで進んでいる。

赤茶けたヘビの子供がいた。

仙人ダムでダム内部を通過するわけだけど、トンネル内の温度計の最高気温が43度になっている。そりゃ暑いわ。

仙人ダムのあとの20分の登り返しが本当につらかった!

13時40分に阿曽原温泉小屋に到着!明日の天候の崩れが予想されるためテント場もガラガラだった。しかし昨日はテントの張り場がないほどギュウギュウ詰めだったとか。

テントを張ったら早速温泉へ!ここの温泉は20時までは1時間毎に男女入れ替え制で、20時後は混浴。昨日は大混雑で20時以降も人がいっぱいだったようですが、この日は空いているので昼間は数人、20時以降も入ってみたけど男性グループが数人いるだけだった。あー空いてて本当によかったなー。よかったなー。

阿曽原温泉小屋の晩ご飯はカレーが食べ放題と聞いていたので昼間はほとんど食事を抜いて歩いてきたw しかしカレー食べ放題にはいくつか条件があって「混雑してないときはカレーにならないかも」「非常に混雑しているときはテント泊の人間は夕食を申し込めない」のだ。この日は両方の条件をクリアしてテン泊でもカレーが食べられてラッキーな日だった。値段は2000円と、山のカレーが一杯1000円であることを考えると3皿は食べたいところである。しかしがんばったけど量が多くて2皿が限界だったよ。まあ美味しかったし満足だけど!

20時過ぎにお風呂に入って、温まってから21時頃就寝。もはやむし暑いに近い状態でけっこう薄着で寝た。