Sunday, October 19, 2014

2014-10-11 北アルプス黒部峡谷縦走 秘湯めぐり7日間5日目 赤牛岳〜黒部ダム

稜線上でテントを張ったが意外なほど風は弱く、冷え込みもなかったのでそこそこ回復することができた。ここから奥黒部ヒュッテまでは標準タイムでおそらく3時間ほど。奥黒部ヒュッテから黒部湖を渡る船の船着場まで2時間。乗れそうな船の出発時刻は10:20と12:20があるが、10:20は諦めて12:20を狙うことにしよう。6時前に下山開始。

と思って下山していくとわりと進行速度が早い。もしかしたらこのままいけば10時に間に合うかもしれない。

ちょっと急ぎ目で下りてきて8時に奥黒部ヒュッテに到着。ここから船着場まで標準タイムで2時間なので、10時には着けるはず。船が10:20なのになぜまだ急いでいるかというと、以前ウェブで、対岸から出港した船がこっちに乗客がいないのが見えると引き返して戻るという情報を見たからです。この日は平日、奥黒部ヒュッテから帰る客がゼロの可能性も高いし安全を考えると対岸の出航時間である10時には船着場に着いておきたい。

奥黒部ヒュッテから船着場までの道のりはなかなかにアップダウンがありちょっと疲れた。

9時40分に船着場に到着。時間的にはけっこう余裕だったw しかし体力的にはけっこう消耗した。今回、この黒部湖周辺が最も紅葉していた。

対岸から船がやってくる。この船、関西電力により運営されていて料金は無料。この時の乗客は自分ともう一人。

なんともはや、絶景。これが無料とは!代わりに死ぬほど歩いてきてるけど!

黒部湖を取り囲む山々と、紅葉を楽しみながら黒部ダムまでの道のりを歩く。とはいってもけっこうな道で、3時間はかかるしかなり崩れてる部分もあり、れっきとした「登山道」なので散策気分でダムから平の小屋まで来るべきではないです。

途中の沢で一休み。

ここはもうロッジくろよんのすぐ手前。早い船に乗れて時間に余裕があるのでかなり遊びながら進んでいますw しかし散策気分ではない( ー`дー´)キリッ

そして14時過ぎにロッジくろよんに到着!陽射しが暖かくて気持ちいい。ロッジでなんか食べ物でもあればなー、と思ったらここのロッジは山小屋ではなく完全にダムに来た観光客向けの施設らしく、そういった販売はまったくないそうだ。ということでちょっと歩いてダム近くにある遊覧船の受付の売店でカップラーメンを買って食べた。

ウィスキーを飲みながらプラプラと展望台まで歩いてくる。もう山の緊張感ゼロw ダムの向こうに赤沢岳が見える。あっちの山もまたいつか縦走したいなー。ここはもう標高1500mまで下がってきてるし、寒さの心配はせずちょっと薄着で寝ることにした。