Tuesday, May 6, 2014

がんばって山中でGPSをトラックしよう!

5月3日、4日と奥秩父の両神山、二子山に登ってきました。詳しくはヤマレコに書いたのでよろしければそちらをご覧ください。
両神山(坂本~八丁峠~両神山~日向大谷口ルート) ※残雪により撤退
二子山(坂本~西岳~魚尾道峠)

さて自分がいつも使っているデジカメはSony Cyber-shot HX50Vなんですが、これにはGPSが搭載されているので基本いつもオンにしています。そしてGPSロガー機能もあるので、長時間歩くときは使うこともあります。MacでHX50Vからログを取り出して使う方法はこちら。
Macでサイバーショット DSC-HX30VのGPSログをGoogle Mapsにアップロードするよ

ですがこのデジカメ、どうにもGPSを検出するのに時間がかかるしすぐにロストします。野外を歩いていて写真撮ってるとジオタグがついてるのは半分以下…ということもザラです。そこで、今回はASUS MeMO Pad 8も持っていって、GoogleのトラッキングアプリMy Tracksを使い記録し比較してみることにしました。HX50Vは手持ちまたはポシェットの中、MeMO Pad 8はザックの上部、という条件です。
My Tracksでランニング

なお山中ではWiMAXは当然繋がらないし、俺は3Gのデータ通信は切ってるので今回は完全にオフラインでの記録です。まずはHX50VのログをGoogle Mapsにインポートしたもの。ずいぶん飛んでいますね。

次にMeMO Pad 8でトラッキングしたルートです。これはもう一目瞭然で、MeMO Pad 8の圧勝です。これだけの精度でトラッキングできればじゅうぶんGPSロガーの代替品になります。まあ山中ではネット繋がらないから、ただGPSロガーとして使うためだけに350gの荷物が増える、ということを考えると少し躊躇するところではありますが。

あ、一応いっておきますと、HX50Vはコンデジとしては非常に優れていると思っています。出歩いてるときに設定をあれこれいじるのはめんどうなのでいつもオートで撮影しているのですが、期待以上の写りです。

さて、次はどこの山に登りに行こうかなー。