Wednesday, February 12, 2014

大雪と荒川河川敷

関東はかなりの大雪でしたね。1週間前の雪の予報のときはすげー期待してたのにほとんど降りもせず肩透かしを食らって欲求不満だったのですが、今回は予報通り大雪で積雪して大変楽しかった。前日からあまりに楽しみでドン・キホーテで速乾の長靴を買ってきちゃったよ!
ドンキでシーズン終了ということで値引きされてて2000円で買った。ちなみに雪が降る前日に買いに行ったときはこの靴がまだ10足くらい置いてあって他にもおしゃれっぽいのがあったんだけど、昨日ドンキいったら全部売れてた。まあ昨年雪の中普通のブーツで歩いてたら染みまくってちょっと辛い思いをしたのでその経験を活かしたまでです。

雪の中階段を巡ってきたわけですがそれはこちらを参照していただくとして、ひとつのメインの目的としてはのぞき坂を滑ってみました。
わはは、楽しそうでしょ。楽しかった。しかしヒップソリを去年からずっと探してたんですが結局みつからなかったので100均で買ったまな板で代用したせいで数回で破損してしまった。ヒップソリだったらもっと滑れたのになー。まあAmazonで買えばいいんですが、以前100均で見たことがあるんですよね。100均で見たことあるとついAmazonで1000円出すのを渋ってしまう。

そして家に帰った後ブログを更新したりして、少し休憩してからテントを持って荒川河川敷に向かいました。バカだと思った? 俺もちょっとそう思う。でも心が欲するのだから仕方ない。途中であべちゃんに今から荒川河川敷に行くよとメッセージ送ったら「行きませんよw」「家で女の子と飲んでるし」というけしからんことを言ってくるのでとりあえずあべちゃんちに押しかけたらあべちゃんはリュックと寝袋と銀マットを用意してました。おお、友よ…!!

ということで女の子と少し飲んだ後ふたりで荒川河川敷に向かいました。河川敷に入ると雪は30cmくらい積もってる。やべー。でも都市部だけあって、もう23時近くなのに明るい。これは助かったな。
これはカメラが高感度で撮影してるので明るく写ってるけど、実際肉眼でもライト付けないで十分歩いていける明るさだった。

まあ今回は貧弱な装備で雪の中キャンプをするとどうなるのか、という仮想遭難体験です。雪山で同じことやるとシャレにならないけど荒川河川敷なので気温は0度前後だし、歩いて10分でコンビニがあるし、命の危険はほとんどない。

ということで夏用の格安テントでキャンプしてみたんだけどこれが辛かった。まあまずテントを張るのが大変だった。とにかく風が強くてまともにテントが広げられない。そしてテントマットを広げたら飛ばされてしまい、追いかけてかなりの距離を雪の中走って、雪の吹き溜まりにハマって身動きがつかなくなったりした。そしてなんとかテントを張って中に入ったんだけど、テントが風に煽られて今にも吹き飛ぶんじゃないかという状態。さらに夏用だから外気が入ってきて寒い。下はヒートテック合わせて4枚重ね、上はヒートテックやウィンドブレーカーを5〜6枚重ねてたのでこれだけあれば真冬の外でも耐えられるだろうと思ってたんだけど(ヾノ・∀・`)ムリムリ

以前奥大井湖上駅のコテージで寝ようとしたときと同じく、横になって寝ようとすると体温が下がるので横になるのは諦めてテントの中で椅子に座って夏用寝袋にくるまって一瞬意識を飛ばしつつ朝を待っていた。ちなみにあべちゃんはそれでも横になって寝て、最終的には寝息を立てていた。いつも言い出しっぺは俺なんだけど、あべちゃんを連れて行くと生物としてのあべちゃんの強靭さを見せられることになります。

最初は夜が明けて日が昇って朝ごはんを食べてから帰ろうかと思ってたんだけど、寒さがわりとこたえて、風が強くて俺のストーブじゃお湯も作れないし、諦めて始発で帰ることにした。ということで4時過ぎに撤収を開始して、5時の電車に乗って帰途につきました。雪山に実際いくのはいつになるかわかんないけど、どういうことが起きるのかって確認できたのはすげーいい勉強になったなー。

テントを片付けて帰る段になると少しテンションがあがって雪の吹き溜まりにつっこんで遊んだりしていた。いやーラッセルってまじできついね。こりゃよっぽど体力つけないと雪山とか無理だな。がんばろう。