Saturday, January 18, 2014

好感度向上活動

あけまんこおめでとうございまんこ。2回言った。謹啓、皆様におかれましては、どのような年末年始をお過ごしでしたでしょうか。

わたくしと言えばクリスマスに彼女と彼女の妹ちゃんとディズニーにいって遊んだり、年末は山口県宇部市でうどん打って、年始は尾道で階段を歩いたりしていました。わりと充実。


そして東京に戻ってきて4年付き合った彼女にフラれました。おめでとうございますか? ありがとうございます。

俺もおとななのでフラれてしまったことから目を背けてばかりはいられないのですが、はてさていかがいたしたものか。別に即座に次の彼女を見つけなければいけない切羽詰まった状況にあるわけではないので当座独り身で生きていけばいいのですが、それでも永遠に彼女がいないというのはつらいので下準備はしておかなくてはならない。だから女の子に直接的に付き合ってください!あわよくばセックスしましょう!というつもりはないけど、女性にモテる要素は兼ね備えておく必要があるわけです。

それでいうと俺は年末年始に瀬戸内を旅行していたわけですが、主に行った場所は門司、下関、尾道であります。この三箇所は林芙美子ゆかりの土地です。
尾道 林芙美子像
そしてそれぞれで文学碑や像を見てきました。林芙美子と言えば昭和の女流作家で放浪記で有名なわけですが、知名度で言うと超有名というほどではなく昭和のひとなら知っている、くらいでしょう。そのような、劇的に有名でもないけど超マイナでもない、女流作家の足跡を年末年始から辿っている男が俺です。これはもう女性からしたら「ああ、この人は本当に文学が好きなんだなあ、知的だなあ、きゅん♡」となるに相違ない。フラれる前から女性からの好感度を得ようとしていた自分の用意周到さに舌を巻くしかないです。

今後もこのように好感度を向上させようと活動していきますので今年も何卒よろしくお願いしまんこ。3回言った。