Thursday, December 2, 2010

Twitterとかに思うこと。

ここ1年?2年?くらいついったーをやってみて、いくつかのアカウントで様々な活動をしてみて、まあ分析とか考察とか言えるほど深くも考えてないんだけど、自分としてはTwitterってやる意味ねーよなーと思った。

まず自分として、テキトーなことをちょっと書くにはいいかもしれない。毎回ブログに書いててもしかたないうんこしてくるとか今オナニーしたとか、そういうの。ブログで更新したうちにも入らないそういうのはTwitterでもいいんだろう。

でもたまには意見めいたことを書きたくなることもある。そういうのをTwitterに書くと、あんまり分割して書き続けるのもなんだし、140文字で収まるような感じに書いて、ちょっと単純すぎる書き方をしちゃうんだよね。他の人もそうなんじゃないだろうか。意見が違うのは当然として、ぱっとみ単純、または極端な意見が目立つ。俺はまあ自分が極左的な人間で極論的なところがあるのは自覚してるのだけど、世間的に極論ばかりいう人間はそんなにいなかったんじゃないかと認識してる。つまりTwitterがブーストしてるところがあるんだろう。だからブログに書くほうが多少なりともまとまったことが書けるし、自分の思考を表しやすい。自分に対しても。

そしてひとと繋がってるって感覚は面白くもあるけれど、俺はもう少し離れてたほうが楽しいかなって気がする。別に俺は厭世的な人間でもないしひとと会ったり話したりデートしたりセックスするのは好きだけど、のべつくまなくつながってるのも面倒だし、ひとりでだらだらしてるのも好きだ。

このブログにしたって人に読まれることを意図して書かれてるけど、どちらかというと毎回見られるよりも、月に一回とかふらっとそういえばって感じで開いて、最初のいくつかくらい読んでみるって感じで読まれるのが一番自分の感覚にあってる気がする。

これはよく俺が思うことなんだけど、人間に時間というリソースが無限にあったらTwitterもブログもどっちも力入れてやればいいねん。だけど時間は限られてるし、自分に必要なものは自分で獲得していくしかない。そのなかで俺がTwitterに流れてる文章を読むってのにさける時間は、一日で数分程度ではないかと思う。

人のつながりは大事だけど、無理に繋がろうとすることはつながりを軽視してるってのとあんまりかわんないと思うのですよ、大げさに言うと。自分はやっぱりもう少し一人でいるべきだと思うので、そうしていきたいなーと。

iPhoneとAndroidについて書きたいと思いつつもう何週間か経ってる。今週中には!