Monday, December 1, 2008

ファイブ・ハンドレッド・マイルズ

田んぼの藁
藁の匂いはボクの原色に近い。
匂いをかぐと泣きそうになる。
今ボクはどこにいるのだろう。
わからないけれど、藁の匂いをかぐと
帰る場所を思い出す。

Smoke on the River
ボクは歩くことしかできない。
それだけが、ボクにできること。
たとえ君のもとまで500マイルあっても。