Monday, October 22, 2007

独りでできるもん3

ひさしぶりに馬場の芳林堂によったら「独りでできるもん」の3巻が出ていました。けっこうこういうゆる系エッセイマンガ好きなんだよね。マンガはたいてい生協で買うんだけど、生協は注文したマンガしか入ってこないので前の月に取り次ぎの作った一覧を見て注文する必要があるのです。でも一覧をざーっと見るだけだから、けっこう見逃しがあって5巻が出たあとに4巻の存在を知る、なんてこともしばしば。

独りでできるもんも今巻で完結。内容的には全然完結してないんだけど…(笑 作者の森下さんてたぶんふつーのOLなんだろうけど、一つだけ変わってるとしたら、少なくともボクの女性知識からしてもかなりの美肌マニアですね。これだけ肌に気を遣う人はそうそういないんじゃないかな。しかし森下さんほどじゃないにしろ女性はたいてい服や化粧などに男よりお金がかかりますよね。そういうことをまったくどうでもいいと思ってる男ならともかく、連れの女性に服や化粧をちゃんとしてもらいたいと思うならデート代くらい出したっていいよなーと思います。思うだけで、出すかどうかは財布次第だけど(笑

神楽坂のケーキ屋さんで、タルトとショートケーキを悩んだ末に今回はショートケーキにしてみました。そうしたらこれが大当たり。生クリームとスポンジが一体化し、ほのかなチーズ風味が口の中でふわっと広がるようでものすごく感動的な味だった。さらにイチジクのはんなりした甘味もちょうどいい。これはショートケーキというよりまったく新しいケーキですね。今中野のドトールでこれ書いてて写真を取りこめないのであとで…

と思ったらデジカメもカードリーダも持ち歩いてるから取りこめるんだった。


一口もらったこっちも、(多分)わずか抹茶の風味がしてすげー美味しかった。神楽坂って街自体がとても雰囲気のいいところだし、また行きたいなー。


土日ととてもいい天気だけど、テラス席に座ってるとちょっと肌寒いね。ここ1ヶ月ほどテラス席ブームで、カフェに行ってはテラスに座ってたけどそれももうおしまいの季節かな。でもかわりにホットコーヒーの美味しい季節がやってくる。ボクは真夏の炎天下の下でもホットコーヒーを飲むくらい飲み物といえばホットコーヒーなんだけど、そんなボクでもやっぱり寒いときに飲むホットコーヒーが一番美味しい。ホットコーヒーとかウィスキーとか、ボクは精神的には冬のほうが向いてるんだよね。

でも身体的は完全に夏向きで、猛暑と言われた今年も友人がきた2回を除いて自分のためには一度もエアコンをつけなかったくらいですが、10月半ばにしてもう寒くて朝起きるのが辛くなっています。しかも今年の冬は彼女がいないので凍死しそうです(猫がいるけど)。

さー、久しぶりに今日はタパスタパスに行ってタルトを食べようかなー