Saturday, July 28, 2007

ルナティック・パーティー

中学生のときよくオナネタに使ってたセーラームーンの同人誌、ルナティック・パーティーが未だにふつうにブックオフに置いてあるのをみて懐かしい気分になって買ってきておかずに使ってみてしまった。まさか中学生の俺も十数年後に同じオナネタでオナニーしてるとは思わんかっただろう。

同じ本ではないけど、中学生のときから投稿系エロ本のニャン2Z倶楽部は今でもボクのマストエロ本です。

ちんぼにアンメルツヨコヨコを塗ってみたらひりひりして痛い。誰か舐めてください。

昨日コケた擦り傷にアンメルツヨコヨコを塗ってみたらのたうち回りました。みんなもやってみるといいよ。

昔彼女のまんこにキンカン塗ってぶん殴られたことがあります。

ボクは肉便器という言葉が大好きです。セックスしてるときに「あたし肉便器だから精液壺にぶっかけて欲しいの」と言われるのがなによりも興奮する。ここからもボクがフリーセックス派ではないことがわかる。フリーセックスとは男も女も同等にセックスをすることで、開放的ではあるけど興奮はない。肉便器ややりまんという言葉は女がセックスをあからさまに求めることが禁忌とされる文化の中でしか成立しない。

ボクはいわゆるさせ子とかやりまん、ファックちゃん(バンドのメンバとセックスするのを目的としている女)が大好きなんだけど、それはあくまでその禁忌があるからこそであって、クラブ系のノリの子はそんなに好きではない(機会があるならやるに決まってるけど)。タブーのないセックスなんてしても面白くないやろ。セックスは秘められているから興奮できる。

ちょっと飲みすぎて前後不覚になってきた。