Tuesday, November 7, 2006

iPodの交換

全然ログインしてなかったのであやうくまたアカウントを削除されるところだった。

iPodの調子が悪かったのでAppleに持ってって交換してもらいました。iPodは修理じゃなくて交換対応ってのが今回は吉と出ましたね。ちょうど1年くらいで。調子が悪いというか、ファームウェアをバージョン1.1.2から1.2に上げるとiPodがフリーズする、という不具合。1.1.2のままなら使い続けられるわけだけど、1.2にすると必ずフリーズ。使えるものをあえて使えなくして交換してもらう、というのはせこいようにも思えるかもしれないけど、普通は1.2にしても問題ないはずなのにボクのだけフリーズし、今後も修正できるかどうかわからないわけだから保証が効くうちに交換してもらうことにした。

でも30Gのうち、25Gほど入れると動画が再生できなかったりアートワークが表示できない、写真が表示されない、歌詞が見れない、動作がかなり遅くなるという不具合が発覚。あやかが5.5世代を買ったのでそれで試しても同じだった。ヨドバシでAppleの中の人に聞いてみたところ、これは既知の問題らしいので対応を待つしかないですね。

ヨドバシに行ったついでに新しいイヤホンを購入。オーディオテクニカのATH-CK5。いつもだとイヤホンを買う前にはかなり気合い入れて下調べをするんだけど、今回はゼンハイザーのMX 450が生産完了と言われてがっくりきたこともあって一発購入。しかもカナル型。

買ってすぐに新宿のイタリアントマトでケーキを食べながら視聴してみてびっくり。低音がまったく聴こえない。いかん、これは思いっきり失敗してしまったか? エイジングしてないにしてもこれは使えない。しかしこれを買ってきてしまったオーディオマニアは世の中にいっぱいいるはずだ。そして世の中でオーディオマニアはマニアの中でも工夫することに長けた人種である。そんな奮闘記がどこかにあるのではないかと思い検索してみるとあっさり見つかりました。イヤホンの耳側にある空気穴をテープなどで塞げばいいらしい。低音なしのシャラシャラにいい加減むきょーとしてたボクは最初から瞬間接着剤で密封しましたが(笑 うん、これでいい感じに鳴るようになった。ただ、密閉度がはんぱじゃなくなるので、耳に入れるときと出すとき、空気圧で耳がこぽっとなります(笑
audio-technica インナーイヤーヘッドホン [ATH-CK5 WH]
audio-technica インナーイヤーヘッドホン [ATH-CK5 WH]

いろいろ書評を書こうと思ったんだけど、時間が遅くなっちゃったのでまた明日にでも。