Sunday, July 30, 2006

今週のモーニング 35号

今週からモーニングについても書いていこうかと。

特上カバチ!!☆☆☆

今週は盛り上がり前の中間的な段階。金田がちょっとなびいてきたかなーという雰囲気だね。こんな風に片方が明らかに無茶言ってる状況ならカバチも垂れられるんだろうけど、現実にはどっちもどっちなところがあるから難しいんだろうなあ。

常務 島耕作☆☆

鹿児島まで雨宮の遺骨を届けに行く島と大町。でもいつも適当に読んでるだけだからどーでもいーやw

クッキングパパ☆☆

このマンガでちょっとだけ恋愛っぽいシーンが出てくると、家族で食事中にテレビでセックスシーンになってしまったときのような気まずさを感じるのはなぜだろうw

ジパング☆☆☆

特に大きな展開はなし。現実に草加みたいなやつが友達にいたらかなりうざそうw

ディアポリス

最近始まったすぎむらしんいちのマンガですが、すぎむらしんいちって相変わらず絵が下手くそだなあ。ヘタウマではなく、見るに堪えないほうの下手さ。今回の連載は原作者が別みたいだけど、話もとてつもなくつまらない。

イカロスの山☆☆☆

我らが塀内夏子せんせー。今週は平岡と三上の出会い。この逸話だけで数回は持たせられると思うけど、ささっと済ませちゃったってことはやっぱり今回の連載は短期決戦を狙ってるのかな。
今週のイカロスの山語録
登らなければ 終わらないんだ
決着が 着かない
あの二人の 過去?
それとも 未来のーーーーー
神の雫

今どき珍しいほどのハチャメチャグルメマンガ。ワインマンガにありがちなワイン嫌いの人間を好きにさせるワインを探してます。人間には好き嫌いってもんがあるのを根本から考えてないw ボクはシングルモルトウィスキーが好きですが、極上のウィスキーでも飲みやすいウィスキーでもウィスキーはとにかくだめって人の気持ちは否定しない。でもこういうワインマンガはなぜかいいワインなら世界中誰でも好きになってしまうことになってるんだよね。

ドラゴン桜☆☆

いつもはトンデモな話が多いドラゴン桜ですが、今週は比較的まともな話。主役がまともなぶん脇役がトンデモになってましたがw そういや数週前の話で「人間の細胞は全部入れ替わるんだ。だから人間は性格も含めて変わることができるんだ」みたいなことを桜木が言ってましたね。言ってることはわからんでもないんですが、「でも脳細胞は一生入れ替わらないじゃん」という突っ込みが全国から届いたのではないかとw

とりぱん☆☆☆

単行本買おうかどうかまだ迷い中。ミーちゃんみたいなデブ猫も可愛いよね。

桃源郷

やまあき道頓の読み切り。意味不明なのでページをめくるのが精いっぱいでした(テヘッ

エレキング☆☆☆

今週はそこまでだったかなー。ブックオフで探してるんだけどまだ一冊も見つからないのはなんでだ。最後の「奥さん」だけは吹き出してしまった。

へうげもの☆☆☆

最初は「名物」がコンセプトになっていることを知らずにつまらんと思ってたけど、それが理解できると一気に面白い感じになった。これは新しいマンガだ。骨董マンガは数あれど、骨董品そのものの時代からもののわびを表すって設定が面白い。縄文土器に心奪われる古田のシーンがちょっとだけ感動的。

つーか再来週から始まるモーニング2ってなんなんだろう・・・・