Thursday, June 22, 2006

ウィリー

小学生とか中学生のころって男同士でもまだ他人の勃起したちんぽなんてそうそう見る機会はないわけで、自分のちんぽが基準になってるんだよね。

よく少女漫画の投稿コーナーに「私のまんこはヒダみたいのがちょっと黒っぽくて長いんですが、変でしょうか PN.結花(14・岐阜)」みたいのが載ってて、それだけでどんぶり三杯食えるくらいオナニーできるわけですが、男子は単純なので悩まずそれがデフォなんだと思ってしまいます。だからボクは高校生になるくらいまでちんぽってのは勃起すると下に曲がるもんだと思ってました。ええ、バナナを下に向けるとそっくりなくらい下曲がりなんです。たまに勃起してないと間違えられます。

中学生の時たまたま拾ったエロビデオが無修整だったんですが、それはあまりにもちんぽが巨大すぎて参考にならなかったし、当時のエロ本は今よりずっとモザイクが大きくてちんぽの形までわかんなかったしね。だから立原あゆみの「ぼくはウィリー」で勃起したちんぽを隠すためにちんぽをテープでおなかに貼り付けておく、ってシーンを見ても、なんであんな逆に曲げるようなことをするんだろう?って思ってたんですよ。可愛らしいでしょ。

オナニーくらいなら学校で話もするので多少の情報交換もあるんだけど、それでも頭の中に精液が詰まった中学生はオリジナリティ溢れるクリエイティブなマスターベーションを開発しがちです。布団にちんぽをなすりつけるってのはかなりみんなが思いつくやり方みたいだけど。また、自分のちんぽをを加えようとして前のめりになったり自分のアナルにちんぽを入れようとしてみたりするのも必ず通る道です。ボクはやり方ってことはないけど、当時ティッシュに出さずにそのまま床に思いっきりぶちまけるのが大好きでして、飛ばしに飛ばしておりました。今でもたまにやりたくなって床に射精します。あと手に直接射精するとかね。ティッシュがないときはごみ箱に直接射精して、ごみ箱が妊娠したらどうしよう、とか悩む日々もありましたが、あのごみ箱に直接精液をぶちまけるってのはあれはあれでフェティシズムを刺激する行為だと思う。

ボクが今中学生に戻ったらどういうオナニーするかなあ。とりあえずここでは書けないようなことをしたいですね(笑

オナネタとしては普通にエロ本てことが多かったんだけど、あやかは高校生のころからオナニーするときは2chでちんぽの写真を探してそれを見ながらまんずりしてたそうです。女子高生としてはけっこう特殊な部類に入るんじゃないでしょうか。だから今でもちんぽを握りながらまんずり気持ちいい、とか言うんですね。

結局昨日はMacをいじりながら、IntelMacでwmvを再生する方法を何個か試したりしてテストにAVメーカのサンプルを見てたら勃起しちゃったのでオナニーをしました。一日三回ってひさしぶりだなあ。さすがにかなり量がすくなかったけど。

ぼくはウィリー 1 (1)
ぼくはウィリー 1 (1)
立原 あゆみ