Sunday, August 28, 2005

『モモちん』

モモちん 3 (3)
モモちん 3 (3)
伊藤 理佐

伊藤理佐の『モモちん』2,3巻を買いました。1巻は微妙な感じだったんだけど、2,3巻は面白かった。特に3巻。モモちんが親の田舎にいく話で、田舎の女の子がテンパってるときの顔が西原理恵子絵になってるのが面白い。(西原は好きじゃないけど)

伊藤理佐は女なのになぜだか男子中高生のオナニーに対する考えの描写が非常にうまい。しかも、そのわりに女子中高生の性への考え方ってのが、いまいちリアリティがないんだよね(笑

多分伊藤理佐は「エロ」「エロい話」は好きなんだけど、「セックス」にはあまり興味がないんだろうね。男子の話は対象としてエロにできるけど、女子は自分の関わるセックスの領域になる。後書きで「モモちんの処女喪失は描けなかった」と言ってるのも、それが理由なんじゃないだろうか。

だから伊藤理佐のマンガはエロ、というよりもやっぱりエッチマンガ、なのかな。