Sunday, October 7, 2001

ログ41('01 10/03~10/17)

10/17(wed)

○月火水と真面目に授業受けてましたヨ。フランス語に至っては予習と復習までしちゃってます。代わりにドイツ語はなにもやってないんですが。月曜の1限にある人類学の講義が今マイホットです。文化とか人種、国籍って言葉の虚偽性を暴いていくって感じでめちゃくちゃ面白い。てーか俺の考え方にマッチング。マイッチングまちこ先生くらい。グローバルリテラシの授業では、異文化交流についての発表を英語でやるってのがあるんだけど普通じゃつまんないから俺は文化、民族、コミュニケーションを否定する方向でやることにしてみたら、面白いってことで俺だけ30分受け持つことになってしまった。まあ望むところや。仲良くやりたいんなら大人しく無難な発表してますがもう仲良くやる気もなくなったしね(笑

○今日の5限のソシュール言語学は、教室についたら誰もいなくって遅れて教授が登場、最初30分はマンツーマンの個別指導でした(笑 現代言語学の状況やソシュールの文献学的研究まで濃い話ができてちょっと嬉しい。ところで前から言われてきたことではありますが、やはり僕は言語学者には向かないそうです(笑 個別的な言語研究を中心にしてそこを足掛かりに言語の本質に向かっていくってのが言語学者のアプローチで、僕みたいにまずウィトゲンシュタインをやって意味論、記号論を通って言語学にきた人間は基礎を哲学においた言語哲学者向きだろうと。まあ今更ドイツ語の方言やらなんやらに興味湧かないもんなー 聞いてるぶんには面白いけど自分でフィールドワークをやるとなるとね、僕の対象ではない。

○水曜は1限にフランス語があるので早起きして行ったんだけど、そのつけで次のドイツ語会話に出る気が失せて部屋に帰りました。のはずが帰ってまずスパゲッティ茹でて、食べた後オナニーして、寝ました。本能的でいいなぁ(笑 午後一つ授業を受けた後はまた帰ってきてラーメン作って食べ、ソシュール言語学の予習をやりました。でもムズムズしてきたので授業に行く前にとりあえずオナニー(笑 食欲勉強性欲になったので午前中より高等動物に近づいた感じがする(笑

○ここ数日の食生活には目を見張るものがありますね。スーパーで一袋いくらのじゃがいもを買ってきて、電子レンジに入れてじゃがバタにして食ってます。それが晩飯(笑 この前なんて冷蔵庫に入ってた大根に塩つけて齧ってたよ(笑 名付けて大根のぶつ切り。カロリー計算をしてみたのですがどう考えても1500kcalにもなってません。ハイカロリーな食事がしてえよお。なんてわめいていたらW君が飯をおごってくれました。W君は僕の地元とほど近いところ出身の人で僕とフラ語のクラスが一緒です。ちなみに名字が大学と同じなので、名前を聞かれて答えるといつも「いや、名前を教えてください」と言われるのが悩みだそうです。3歳も年下の人間におごられるのもどうよと思わないではないけど、男なのでまあいいかと。年下の女にはおごられたくないなあ。ま、強がり言ってられる状況でもないんですけど。ということでお礼に僕の部屋でコーヒーをごちそうしました。彼は社会学とか心理学に興味があるそうで僕とは分野は被らないんだけど、そうやってやりたいことがある人ってのは話をしていて楽しい。逆になんとなく大学きてるって人とは話が合わなくて苦労するね。別にそれがなくちゃいけないわけじゃないけど。Aなんかは勉強するために大学きたわけじゃないだろうけど人間が面白いし、付き合いたいなあって思う。問題は勉強する気なくて人間もつまんない奴ね。しかもそういう奴に好かれたりするともう大変です(笑 日曜の夜にいきなりGが現れて、なんだと思ったら俺に新しい服とストパーかけた髪を見せたかったらしいんだよね(笑 勘弁してくれー 俺になにを求めてるわけ? 生まれて初めて近づかないでほしいと思った人間だね(笑

○このごろ毎晩カラミーアと電話しています。なんて話をしてるわけじゃないんだけど(俺的判断)まあ話すこと自体が楽しかったりして。意味論学者のS.I.ハヤカワも talking は communication を目的とするだけではなく communion を作ることも目的とすると言っています。つまりなんか言わなくちゃいけないことがあるわけじゃなくても話してること自体を目的とした会話もあるわけですね。君が僕の手段であるならば君でなくちゃいけないことはないだろう、でも君は僕の目的なんだから君であること自体が僕の楽しみ。

10/14(sun)

○少し前の話なんだけど、夜友達と荒川までドライヴに行ったことがあったのね。んで外に出てみたら星がすげーきれいでさ、東京でも少し都心から離れればけっこう見えるもんだなーなんて思ったんだけど。僕は星座なんかも少しだけ好きだから何座が見えるねーなんて話をしてたんだけど(男二人で気持ち悪い) でさ、真上を見上げるとスバルも見えたのよ。スバル知ってる?別名プレアデス星団(確か) ほらあれがスバルだよなんつってたときの会話。

俺:「天頂のさ、少し南側に寄ったところに小さい星が集まってるだろ?」
T:「わからんて。どれだよ」
俺:「この指の先のほうだって!」
T:「あーなんかプツプツがいっぱいあるな」
俺:「そうそう、それそれ。ほら、マツダの車にあるだろ?」
T:「あ、だからあのマークはスバルっていうのかー」

後日談。

....スバルはスバルって言う自動車会社です。

マツダさん、スバルさんすみません。

○フォームから感想頂いちゃったのでお返事ー

「売り言葉に買い言葉」の喧嘩ってさ、両方が同じ性格をしてる時にだけ成立する気がするんだけどね(笑 笑い事ではないのか? (プライヴァシ保護のため文体は変えてあります)

確かに僕は両親と似てるところありますからね。几帳面なところは父親譲りでアバウトなところは母親譲り。顔は母似ですが。ほら、母親似のほうがかっこいいって言うでしょ? 僕は僕と似たところがある人間って大嫌いですからね。そのせいかもしれないナリ。というかあえて挑発して怒らせたんだけど。普通の人間に「俺はお前よりものがわかってる」とか「お前の常識はお前だけの常識だ」なんて言ったら激怒するよなー(笑 まあたんなる笑い事でっせ。

プログラム、ゴミ箱に放り込んでるんとちゃうか? Winの場合は基本的にな、それぞれの「アンインストール」とかコントロールパネルの「アプリケーションの追加と削除」を使わんと、あちこちおかしくなってまうで。(プライヴァシ保護のため文体は変えてあります)

ええ、もちアンインストも追加と削除も使ってますよーん。でもそれでも削除できないのはフォルダごとゴミ箱につっこんじまったけど。メイラは捨てました。ブラウザもIE4にしたです。エクセルもアクセサリ関係もぜーんぶさっぱりアンインスト。もう不具合でまくりです(笑 ま、もともと壊れてもいいやってつもりでやってたから気にしてないけどね。それじゃ足りなくて携帯電話のアドレスもかなり削除しちゃった。残り22件。ウヒヒヒヒ

○今日は昼過ぎに起きた後さっそく英作文を2本あげる。うち1本は別の授業の宿題にも使えるように書いたからあとで写そう。日曜に真面目に勉強したのって東京にきてから初めてかもしれん(笑 やっぱ辞める可能性がでてきたりすると人間真面目になるもんだね。まあ手遅れなのかもしれんが。俺はどうも手遅れになってからじゃないとやる気がでないんだよなあ。切羽詰ってからやればまだ間に合うかもしれんのに。考えが甘いのでしょうか。しかも今までそれでなんとかなってきちゃってるってのが問題だな。一回痛い目に遭わんと人格形成に支障がでる恐れがあるのでここらで立て直しておきましょうか(10年以上前に手遅れ)

10/13(sat)

○どうやら掲示板に書きこみがあったけど、消去なされてしまったようですね。すみません、見てないです(汗 このHPは基本的にレスポンスがかなり遅いので....もしまだ見ててくださるようでしたら今一度チャンスをいただけないかと思います。

○土曜日は3限が言語学研究の講義。後期の授業の中では一番好きな講義かな。藤井明彦教授がやってるんだけどこの先生がまたいい味だしてるし、内容も深いのに解説がわかりやすい。研究者としての資質と教育者としての資質を兼ね備えたすばらしい先生です。基本的にはコセリウと言うスペインの言語学者の本を通読していくスタイルの授業なんだけど、毎回オマケみたいな感じで別のこともやるんだ。それで今日はエドワード・サピアって言語学者の drift という概念の説明がありました。日本語では「駆流」「漂流」「潮流」なんて訳されたりします。藤井先生の考えでは「潮流」が一番いいそうですけど。僕は「駆流」しか知らなかったんだけど、先生の話を聞くと確かに「潮流」のほうがぴったりくるような感じがする。ちなみに授業で使うコセリウの本には「吹き溜まり」と訳されていて、これは完全な誤訳だそうです。辞書を引くと吹き溜まりって訳も載ってるんだけど。この本を訳したのは田中克彦と亀井孝の二人で、二人とも日本では著名な言語学者なんだがそうい人たちでもこんな間違いするもんなんだね。最近まで活字になったものってけっこう簡単に信用しちゃうところがあったんだけど、この頃はそうでもなくどの本でも適当なことずいぶん書いてるなって思うようになってきた。とくにソシュールにかんしては信頼できる文献ってかなり少ないよ。だいたい間違った引用のし方がなされてる。というわけで今日の授業も面白かったです。

○藤井先生が授業中に「....と言えることができる」って言って、そのあと「あ、言えるとことができるって同じことを言ってるな。言えるか言うことができるのどっちかか」って独り言のようにぶつぶつ言ってた。こういうのを見るとやっぱこの人も言語学者だなって思う。人の発話も自分の発話も研究対象にしてしまうので言語学者は発話が少し滞ることがある。

○その後の4限は人文の演習クラス。僕の通っている文学部は1年次からゼミ形式のクラスがあるんだ。人が多いクラスはゼミになってなかったり、少なくてもやる気のないクラスなんかもあるみたいだけど僕のゼミはなかなか良い感じ。前期の最初のうちはみんな発表ってのに慣れてなくって(僕だって慣れてないけど)聞くほうもつまんなかったけど、今日の手話に関する発表なんかはけっこう内容もあって面白かったと思う。Oはつまんなかったって言ってたけど。僕は12月の後半に発表があります。担当教員の飯嶋先生から指名で最後の授業にやることになりました(笑 真打は最後に、とまで言われてます。すごいでしょ。いえい。さすが俺。予定としては記号論と意味論をソシュールから始めて現在の状況まで話すつもりでおります。むしろ後期の時間全部俺にくれって勢いなんだが(笑 うう、大学楽しいなあ....(寂

○授業のあとS.Yと戸山カフェテリア(学食)で待ち合わせをしていたのでOと一緒に行く。ていうかS.YとOを会わせようっていう俺の企画なんだけど(笑 S.Yは商学部のやつで、サークルを通じて知り合った人間。なぜかソシュール言語学を一緒に取ってるんだけど(笑 二人ともけっこう面白い人間だから会わせてみたかったんだよね。文カフェは混んでたから俺の部屋に行ってコーヒーを飲みながら言語学や社会学についてなんか話してた。うわーめちゃくちゃ学生っぽいよ俺達!(笑 Oは帰っちゃったんだけど飯を食うために新学生会館に行って、そのついでに現思研の部室に行ってみた。新学館はなんと部室に入るのにカードキーがないとドアが開かないのだ。S.Yのカードをリーダーに通すとね、ドアの横のふたがカチッて開いて中からタッチパネルが現れてパスワード入れるんだよ!部室に入るってだけなのになんだこのハイテク装備は!でもちょっとかっこいい。サークルかあ。また暇があったら入ってみようかな。

○「やることもないしコーヒーでも淹れようかな」って文があったとするじゃんね。この「でも」ってどこにかかってると思う? 文法上はコーヒーにかかってることになるわけだけど、類例の幅を表すこの「でも」はけっして「コーヒーとかお茶とか紅茶みたいなものでも淹れようかな」と言ってるわけではなくて、「なにか行為することにおいてコーヒーを淹れるって行為を選択しようかな」と言ってるわけなんだよね。つまり僕が言いたいのは「でも」って助詞は名詞にしかかかれなくて、動詞には使えないってこと。もちろん動詞に使いたいことだって多くあるのにね。具体的な例を考えてみると、自動詞の文書には使いにくい。「することもないし、走ってでもみようかな」なんて少しぎこちない文章ができあがる。でもこれを「運動場でも走ってみようかな」にするとうまく表せるでしょ。こういうとき「でも」は名詞の幅を表すのではなく動詞の幅を表してるんだよね。こういうのは特定言語の弱い部分にあたるから、そのうち変化すると予測できる。その方向性はわかんないけどね、日本語学者じゃないから。

○貧乏なので新しいオナネタが買えなくて困っています。つーか新しいエロ本がほしい。できれば制服系。女子高性モノなんかいいなあ。一時期、クリームとかレモンなんて女子高性ピンナップ系の本を毎月買っていたころもあるんだけど、今じゃ満足できないな。やっぱね、キレイ目のエロ本って俺はだめ。チンカメみたいな。制服でやってるのがワンサカ載ってるエロ本じゃないとね。微エロなんてだめだって。やっぱ激エロでしょ激エロ。まあ人それぞれ好みがあるものでして、Iは3Pモノが好きだとかSは金髪好きだしAはレイプモノ。俺は女子高性。そういや前までビデオのフェラチオシーンってそんなに好きじゃなくって、見てるときだいたい飛ばすほうだったんだけど最近少し好きになってきました。されるのはもともと好きなんですが。そんな好みもだんだん変わるものなんですね。とりあえず当面は手元にあるオナネタを使いまわすことにしますか。ここ数日は連続でしてます。一昨日なんて3回しちゃったよ。それもどうよ22歳。彼女にはオナニストと呼ばれてます(笑

10/11(thu)

○結局その後電話があって親に学校辞めろと言われました(笑 別にええんやけどね。キャンパスライフはもう充分味わったし(笑 俺は俺の生き方に文句つけられるのが何よりも嫌いだからね。さすが末っ子。わがまま放題です。ま、学費は今年度分納めちゃったみたいだからあと半年は学生でいると思います。とくに悩んでもいないので心配はしなくてもいいよん。俺の心配なんかする奴がいればの話だが。

○たまたま偶然いつの間にか知らぬ間に気が付いたら部屋にローションがあったので使ってオナニーしてみました。説明書には人差し指に乗る程度って書いてあったけどそれじゃ少ないのでもっとたっぷりと塗りつけてやってみた。うーん、いいような悪いような。確かに感触としてはただ手でするよりもぬるぬる感があって入れるのに近いような気がする。でもいくつか問題があって、シーツに付かないように気をつけなくちゃいけないとかエロ本が見にくいとかなかなか大変です。でも一回じゃなんとも言えないので、帰ったらもっかいやってみよっと♪

○今日は少し暖かかったので全裸でオナったのですが、終わった後ティッシュも床に転がったままぼーっとしてたらいきなりチャイムが鳴った。死ぬほど焦ったって(笑 いそいでティッシュで先っちょ拭いてゴミ箱に捨てて、トランクス履くのも面倒だったのでノーパンにパジャマ着て出ました。そうしたら新聞の勧誘だった....死ね! ていうかこの前の読売新聞のお兄ちゃんだったんだけどね。またかい。取る気になったらお兄ちゃんに連絡するよ、なんて適当なこと言ってたらバスタオルくれました。ラッキィ。ちょうど数少なくて困ってたんだよねー。仕方ないので10分くらい勧誘を聞いてあげました。帰った後チェックしたらやっぱ先っちょにティッシュのカスがこびりついてたよ....

○昨日の夜、パソコンの中の使用領域を1G以内にしようと思い立って見たことのないプログラムや最近使ってないプログラムは片っ端から捨てていってたらうまく動かなくなりました(笑 音が出なくなったり、右クリックができなかったりファイルが開かなかったりともう崩壊寸前です。でもおかげで現在1.07G。あと70Mなんとか削りたいな。メイラももう捨てちゃおうかなー ウィンドウズ98使ってて1Gってけっこうすごいでしょ。

10/10(wed)

○なかなか面白い事態が発生いたしました。親に勘当されました(笑 発端はつまんないことだったんだけど、売り言葉に買い言葉ってやつで「勘当だ!」「ああそれでいいよ、家賃もいらねーよ」....俺、かなり余計なこと口走ってます(笑 来月から家賃なしです。いきなり支出が65000円増大。生活費が60000(安い)くらいだから、合計120000円強ってとこかな。んでもって奨学金が月50000だから、バイトで7万稼げばいいわけだ。今の俺のバイト代、月10000円。なーんだ全然ダメじゃん♪....学校どうしよ。

○ということでバイトを急いで探さなくちゃいけないわけですが、財布にはまったくお金がなくバイト情報誌も買えませんでした。あれ、俺って前に同じこと書いたか? バイトを探すために親から借りたお金はもちろんあっという間に別事に消えてしまい、履歴書も証明写真も買えません(笑 親から借りて目的のものに使ったお金ってほとんどないような気がする。計画性ゼロ。人生行き当たりばったり。うっせーな先のことなんて考えてたっていつ死ぬかもわかりゃしねーんだよ! ごめんなさい(誰にだ

○現在そんな環境で暮らしていますので更新頻度が落ちたりするかもしれませんが、そのときはああそろそろ死んだかな、なんて思っていてください。死んでも俺から先には折れない。自分の意見を曲げて生きていけるほど器用な性格してませんので。

10/08 night version

○夢の中でRと出会った。夢だというのにやけに匂いがきつくて、僕はむせかえりそうになりながらRの横顔をじっと見てる。Rがこっちを向きそうになった瞬間目が覚めた。いつからだろう、彼女の夢を見なくなったのは。いつからだろう、彼女を思い出さなくなったのは。どうしてだろう、彼女の夢を見たのは。実のところ、僕はまだ混乱から抜け出せないでいるのかもしれない。物語は完結してから新しい物語が始まるのではなく、一つ一つの物語がクロスフェイドしながら流れていくのだろうか。少しずつ軽くなっていく遠い昔のこと。遠い昔?本当は違う。それは意外なほど最近のことで、数えてみれば指は3つも折らないですむ。たったそれだけの間に流れた時間はとても濃くて、とても希薄で.... この前クラスで横に座った女の子がサリンジャの Catcher in the Rye を読んでいたのをみて思った。僕達の時間はとてもゆっくりなのに、とてもはやい。きっとそれは拡散していく空気とおんなじ。濃密な思い出も、刻み込まれた思い出も全部拡散していつか消えてゆく as time goes by。降り注ぐ記憶とイメージの雨は今も傷口にしみてゆくけど、それも心地良くなる日がくる。そんなことを考えさせてくれるような、苦く、甘く、そして遠い過去よ。

○実際僕らはお互いを殺し合っていた。僕はいつでも刺し殺されそうになって逃げ回り、それでも離れてしまうってことは考えられなくてまた近づいていき刺されるってことの繰り返し。でも彼女にとってみれば僕を刺すことで自分を刺していた。そして僕を通して彼女に突き刺さったナイフは彼女を貫いてまた僕を刺す。血にまみれた僕らは苦しみ、何度も泣いたような気がする。もうあまりはっきりと思い出せないんだけど。それでも去っていったのは彼女のほう。それは的確な表現じゃないかな。彼女にしてみれば僕は対等な相手だったわけじゃない。おもちゃよりも上等で、お人形よりは言うことを聞かないきっと飼い猫。それからというもの僕は一人で生き、この言葉は誰かを傷つけるかもしれないけど、ずっと探し続けていた。糸を。僕は笑ってもらうのが好きで、身体を切り刻んで風に撒いて、そうして消えてゆく後姿を見つづけた。そんなのは嘘だけど今はまだ嘘もつかせてほしい。それで全部だし、そういうものだって思うようになったのはなぜだろう?

○君が現れてからというもの僕はいつも考えている。僕はそうして生きてきた。そのことを消すことはできない。その事実が地球より重くてさ、言わないことはそれを受けとめること、僕は話しつづけた。そうすれば回避できる。でもそれが無駄なことだって教えてくれたのは君だったね。晴れた空と暑い太陽が残した喧騒は季節が持ちさって、僕の手元には小さなメダルが一つ。もう言うことのないセリフは捨ててしまって、今は大事な言葉を胸にしまって。落ちていくパンの欠片も、今はもうなくて、遠い思い出。君の涙と、声と、血は、手を伸ばしてつかみとろう。音のない部屋で君のいない部屋で意味のない部屋で僕はまた眠る。明日は晴れるのだろうか?

10/08(mon)

○午後から学校でTOEIC IP受けてきました。英語の検定試験て実は受けるの初めてだったりしますが、めちゃくちゃ難しいね。なにがなんだかさぱりー 特にリスニングコンプリヘンジョンは死亡。何語?って勢いで。500点行ってるといいなあ.... なぜか同じ教室にGがいて、終わった後外で待ち伏せくらいました(笑 ヒィ。校門まで一緒に歩いたから満足したかと思ったのだが俺の部屋にくるとか言ってるし。ぎゃふん。しかたないので連れて帰り、お茶を出す。こいつコーヒー牛乳しか飲まねーんだよな(笑 他のやつなら許せるがGだと許せん。今日は「どうでもいい」「知らねーよ」「で?」などを連発してみたがそれでも通じない。「俺ってみんなに疎まれてるのかなー」と言っていたが、目の前の俺が疎んでるよアンタ(笑 これだけはっきり言ってもわからないなんてある意味すごい人間だと思う。この前借りていった姑獲鳥の夏の続きで魍魎の匣を借りていった。奴に面白いと言われてもイマイチ嬉しくねーんだよな(笑 人のワルクチを言うのは楽しい。

10/07(sun)

○昨日の夜は中野に行ってSと飯を食ってた。そのあとスタバでコーヒーを買って近くの広場で飲んでたんだけど寒いからSの部屋まで移動。適当な話なんかしながらネットで調べ物してもらったりしてた。暇だったからSatyの携帯にかけてみると一緒にジョニーがいるっちゅうんだよね。懐かしい。ちなみにSatyもジョニーもハンドルネームではなく普通のあだな(笑 俺なんか「美女草」だったんだぜ(笑 日曜に会う約束をして電話を切った。そのときSがハゲの電話番号を聞いてかけてみたんだけど出なかった。俺の高校時代の連れは奇妙なあだなのやつが多い。

○13時に池袋待ちあわせで俺は少し早めに行ってパルコで時間潰してた。本屋に入ってみたけど、入り口に「洋書」と書いてあるわりに量が少なくやや不満。買いたい本が何冊かあったけどお金ないしあきらめよう。むむ。下の階にはステーショナリーグッズの店がいっぱいあって、メモスタンドを探してくるくる回る。だけどお目当てのメモスタンドは見つからなかった。1個あったんだけど、お店のディスプレイだった。店員さんに聞いてみたけど売り物としてはもうないそうだ。キー。

○JR東口でSatyとジョニーに会ったあとマックで食いながらお茶。Satyさんどうやら彼女と別れたらしいっすよ(笑 2年6ヶ月、うち1年半くらい同棲してたらしいのに。というか今年の春泊めてもらってるんだけどね。しかもその別れ方がなかなか面白い。Satyは役者だからたまに劇をやってるわけだけど、今年の夏前の公演最終日の昼間に携帯に電話がかかってきて言われたらしい。少し前から家を出てて連絡がとれなかったそうだけど。で、そのとき言われた言葉が「もういやだ」(爆 これ、言われたらマジ凹むって! もういやだって、つまり「今まで耐えてきたけどこれ以上は無理です。一緒にいるのに耐えられません。もういやです。別れてください」ってことでしょ? 死刑宣告と同じだってそれ。つーかそのまま連絡取れないままならともかく、Satyから連絡取ってならともかく、電話かけてきておいて「もういやだ」はねえよな。ヒヒ。そこらへん、さすがSaty。そんなこと言われたら数年立ち直れませんね。でも今度荷物を取りにくるらしいけど、そんときすげー健気に対応してそうなSatyの図が思い浮かんでまた笑えてくる(笑 そして「2年ならもつ同棲方法を教えてやる」と言われました。けっこうです(笑

○昨日の夜から明け方にかけて江國香織の「落下する夕方」を読みました。ひさしぶりに一気読み。

10/05(fri) 123

○とくに日記に書くようなことはなにもないんだけど、100質問やってみました。日記サイトとしては必須でしょ。ということで。

にいさんへ100の質問

つまらんとかゆーな。

10/04 123.5

○謹啓 秋も日に日に深まってまいりまして、全裸オナニーも肌寒くなってきましたが貴女様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。私と言えば大学が始まったこともありオナニーする時間も夜に固定されつつあります。夏休み中はのべつくまなくでしたからね。先日思いっきりTVでみのもんたが言っていましたが、オナニーは一日一回以上すると健康に良いそうですよ。運動の秋、秋の夜長、オナニーして過ごされてみてはいかがでしょうか。言ってくださればオカズはお貸しいたします。エロ本エロ漫画エロVCD無修正リアルオーディオとか。ところで、今度私の家の近くのアダルトグッズショップが閉店してしまうようなのです。恥ずかしながらまだ一度も入ったことがなく、完全に閉店してしまう前に足を運んでみようと思っております。本来ならば貴女と一緒に行きたいのですがそうも言っていられませんからね。残念です。それでは、たまには私のことを思いながら濡れちゃうわとか太いの入れてほしいとか奥にあたってるぅとか口にしてみてくださいね。またお手紙します。 敬白 沖野真人

○短いと思っても、一日過ぎても1%も減ってないんだよね.... 時計の針は進み続けてるのに距離は一緒に縮まない 僕の記憶を止めて 時がきたら僕を溶かして 眠り続けて

○親に電話をしてお金を貸してくれと頼みました。ゲフン 本当はしたくなかったのだけど、よく考えてみると今の残金じゃバイトの面接のための証明写真どころかバイト情報誌さえ買えない(笑 それじゃ本末転倒なので、頼ることにしました。なるべく無駄遣いしないようにするけどね。んで、なんか20、21に東京にくるらしいですよ両親とも。ヤベー!!(笑 父方の祖父の法事らしいのだが。隠さなくちゃいけないもので部屋が溢れかえっております(笑 絶対一つくらい隠し忘れそうだ....別にいいんだけど、父には言いたくないんだよな。母とはそこまで仲悪くないからそのうち話そうと思ってるんだけど、父は大嫌いなので。もちろんあからさまな態度はとらないし向こうはそんなに気が付いてないと思うけど僕は一人暮しを始めた今でも父を好きになれないでいる。多分根本的なところからああいう人物とは合わないんだろうね。というか僕と気が合う人間なんてほとんどいないんだけど。それと血が繋がってるってんだからなー 別に血の繋がりなんてこれっぽっちも重視してないからいいんだけどさ。家族内皆他人。これが僕の家族のルール。親兄弟の年齢血液型誕生日経歴なんて少しも知らないし知ろうとも思わない。僕は僕の決めたことじゃないことに従いたくないんだ。子供なのかもしれないけど。人に迷惑をかけたとしても。柵になるような関係や環境に僕は棲めない。動こうと思ったときには知識も言葉も重力になる。僕は囚われないようにもっと軽くなろう。春からこっちかなり身体が軽くなって御機嫌なんだけど、まだまだ不満足。手も切って足も切って全部全部切り捨てて。そして僕達で作った箱庭の中で暮らそう。それでもいい?

○法事は出ると思います。僕はそういう行事が嫌いだから法事自体は無視するかもしれないけど。姉貴の結婚式にも出なかったくらいだからな(笑 兄貴は子供が生まれた後に3人で記念写真を撮ったんだけどそんなのがけっこう理想。俺の兄貴のやることはなんでもかっこいい。で、とにかく法事はいいんだけど神奈川の従兄弟が俺に会いたがってるらしいんだよね。忘れてたけど従兄弟は俺と同じ大学の同じ学部卒業してて、俺が後輩になった話を聞いたらしい。哲学科出てるみたいだし話が合う可能性もあるから俺もちょっと会ってみたい。今は出版社に勤めてるそうだ。コネ、プリーズ!(笑

○光は光速度で動くよね。アインシュタインの相対論によれば光円錐の曲面を動くものは時間軸の限界に位置するわけで、ということは時間が経たないわけだ。つまり光速で移動すれば時間は停止していることになる。そうすると光は時間0で距離を移動することになります。これを光の立場に立って考えると光は無限の時間の中にいることになる。ところがもちろん光はA点から出てB点にぶつかったときその動きをやめるわけで、ここに矛盾が起きる。永遠の時間をもって有限の空間を移動すれば同じ場所を無限回通過することになる。ところが現実には一回しか通過しない。これは何を表してるかっていうと、ニーチェの永遠回帰思想が間違ってるってことだと思うんだよね。永遠の時間であれば有限の要素が有限の組み合せしかもたないかっていうとそうじゃないと思う。永遠の時間は要素の関係性一つ一つの中にしかなく、それぞれの永遠性は結びついていない。ニーチェは個別的な永遠性を普遍化して考えてしまっていると思う。0記号の本質とも結びつくが、人間は無限を0の記号として捉えることができる。無限は一つの並置される記号にすぎない。

10/04(thu) パルテノンの夢

○2限にドイツ語があるので09:00に起きて一瞬予習をしてから行こうと思ってたんだけど、起きたら10時過ぎだった。ナイスなタイミングで目覚ましありがとう>E嬢 とりあえずコーヒーを淹れてから飲んで、それから用意して慌てて学校に行きました。間に合ったけどね。前期のテストを返されたんだけど、100点満点のテストで85点でした。平均点は85点。代名詞も活用も格変化も覚えていない俺が平均点取れるテストってどうよ?(笑 そういやこのテストのときって風邪で熱があったんだよな。前日に一夜漬けでやろうと思ってたら風邪でできなくってしかたなく夜中にE嬢に電話してた覚えがある(笑 あの電話さえなければきっと平均点以上だったんだろうなー あーあー

○午後は英語の授業をもぐりで取ってたんだけど、そのテキストはほとんど読んでしまって理解もできたし、授業自体意味論についてまったく予備知識のない人間を対象として進められるからかったるいので後期は受けないことにして休みにしました。大学の講義ってレベルが明示されてるわけじゃないから変なの取っちゃうと簡単すぎてつまらんのよね。ということで帰ってから友達に電話したりしてからお昼寝。さっき筒井康隆の書いた批評を読んでたんだけど、鬼のようにつまらなかった。何かの本に対する純粋な批評なら内容はともかくまだ許せるんだけど、批評のために批評してるって姿勢が丸見えでしかもその態度に対する自己批判はまったくなしで、さらに方法論も言葉の上辺だけで当てはめていくだけのようなものなんだよね。ある程度面白い本書くんだから、こんなことやってないで小説だけ書いてりゃいいのにねー、なんてことは筒井自身も書いてるし、まったく自己批判ができてないわけでもないか。ならいいや。ありきたりだけど俺は批評ってものがあまり好きじゃないからな。批評ってのは面白いものを対象にして行なわれるわけで、文学理論に当てはまるから面白いわけじゃないんだよね。面白いものから抜き出してきた理論を固定化してるからそれにあてはまらないものは面白くないなんて言わなくちゃいけないわけで、本当の面白さは批評以前にあるってことを覚えておかなくちゃね。あ、最後のほうは筒井批判ではなく批評全般に対する批判だよ(唯野教授風

○2週間くらい前にローソンのロッピーで大学のパンフレットを申し込んだんだけどまだ一校もこないんだよね。やっぱ現役大学生にはくれないのかな? 女子大のパンフレットなんかも申し込んでみたんだけど(笑 そういや俺が青山とか慶應を受けなかったのは文学部のキャンパスが3年次に移動があって面倒だからだったんだけど、それにしてもパンフレットさえもらってないんだよね。パンフくらいもらって見てればもしかしてそっちにしようかと思ったかもしれないのにね。我ながら不思議だ。ちなみに俺の大学選びの規準は
1. 私大で英、国、世界史で受けられる
2. キャンパスが山手線沿線、または内側である
3. 女子が多い
ということでした。もちろん最重要事項はNo.3です。そこで選ばれた戦士は学習院、上智、立教、早稲田の各文学部達。だいたい俺が大学に来たのって女の子と楽しく遊ぶためだしさ、だから髪も切ったんじゃんねえ(笑 だったら早稲田は男が多いじゃないかって? ふっ、甘いな。男(汁)系大学早稲田の中にあって、第一文学部だけは51:49くらいでわずか女子の方が多いのさ。これが逆だったら受けてもいないね(笑 教育学部の英語英文科を受けたのは、学部としては男が多いけど学科の中は女が多いからです(笑 ちなみに教育の英文科は落ちたが。広末は教育の国語国文科。この日記を見てる人で受験生がいたら志望校選びの参考にしてください(笑 でも法学部とかと違って文学部の男って将来性がないしもてないんだよなー そこらへんが目先の欲に溺れる人間の浅はかさか(笑

○フォームでちょこちょこ感想なんかいただいております。ありがとうございます。でも最近は弾けたポスティングがなくてつまらん思いをしております(笑 なんでもいいから書いてみて送ってくださると嬉しいです。乳首に毛は生えてますか?とか右曲がり?左曲がり?とか最近のオナニーのおかずは?とか真面目な質問にもきちんとお答えしますので。あと大陰唇の形が本と違うんですけど病気でしょうか....なんて相談にも乗ります。つーか乗らせろ。相談にじゃないけどな!<壊れた

10/03(wed)

○水曜日の午前中にはドイツ語とフランス語の会話授業があります。....完全に文法も単語も忘れてました。ドイツ語に至っては人称代名詞さえも思い出せない始末。やべー 昼食はドイツ語のクラスが一緒のやつと食べるってのが毎回のパターンになりつつあって、今日もそうだった。ただし俺は金がないからコーヒーのみ(笑 手持ち170円で、ブレンドコーヒーは120円だったのだけど50円残ってもしかたがないということで150円のエスプレッソを頼んだ。そうしたらカップがやたら小さいんだよね(泣 見かねた友人がクロワッサンを恵んでくれました。比喩ではなく本当に「仕方ないから恵んでやる」と言われました。素敵な友人ばかりでおじちゃん嬉しいよ。午後の授業も終わった後、5限のソシュール言語学は休講だったから帰ってラーメンを作った。ついでにゆで卵を作ろうとしたんだけど、超半熟でうまく食えなかったナリ。一人暮し始めてからゆで卵を作るのは3回目だったんだけど未だに完成品は製造されておりません(笑 1回目は割れてお釈迦。2回目は温かい生卵。3回目で固まり始めたのでそのうち作れるようになるかな(笑

○というわけで手持ちは20円になったのだけど、銀行に確か30000円くらい入っていて携帯の引き落としが20000ちょいで光熱費も引くと5000円くらい残ってるだろうと思って意気揚揚と銀行に行って残高を確認してみると2000円でした....は? なぜだ、なぜなんだー!と夕日に向かって叫んでみたけど誰も答えてくれないので現実を把握するしかない。次の奨学金が入るまであとちょうど一週間。一回バイトに行かなくてはならないから、交通費で460円かかる。そうすると使えるお金は2000‐460+20=1560 それで1560/7=222 一日222円か。けっこうリッチだね(笑 ということで、近くの穴八幡宮で開催中の青空古本市に行って筒井康隆の「文学部唯野教授のサブ・テキスト」を買ってきました。「文学部唯野教授」が面白く読める人なら逆に読む必要がないように思われる、対象とする読者の不明な本です。ということで、1日あたり145円になりました<バカ 穴八幡宮ってアナクシマンドロスみたいな名前だね。

○初めて、女の人に向かってはっきりとした別れの言葉を告げました。「さようなら」 これだけの言葉なのにどうしても言えなくて、でも言わなくちゃだめで、相手が感情的になるとこっちは冷静になるなんて嘘だよね。相手の車の中で話をしたんだけど、相手が泣けば泣くほど僕は口を開こうとしても前が見えなくて声が声にならなくなる。あれだけ泣いたのは何年振りだろう? 物心ついてからは初めてくらいかもしれない。人を傷つけるのがいやで、遠まわしな言い方や態度で匂わせて、離れていくように仕向けてきたけれど、そんなの嘘だよね。僕は僕が傷つくのがいやだっただけだ。言われたんだから僕が悪いわけじゃない、向こうが離れていったんだ、可哀相な僕....そんな一人よがりで自分勝手なことばっか考えてて。それじゃあ大事なものは手に入らないよね。傷つくことを恐れてちゃあいけない。陳腐な言い方だけど、きっと傷ついた分だけ人は人に優しくなれる。僕が汚くなったのかキレイになったのか、それはわからない。それでも僕は一つ大人になったのだろうか?

君の、大事なものはいつも消えていってしまうって言葉を胸に刺したまま僕は君と別の道を生きていく....さようなら