Saturday, November 6, 1999

ログ09('99 11/05~11/13)

誰が為に日は昇るの日々

誰のためでもある


--------------------------------------------------------------------------------

「亀思う故に亀ありの日」11/13(土)

●寝たのは6時くらい.夢枕ににウィトゲンシュタインが現れて「語り得ぬものは語り得るものである.また,真なる沈黙はまったくの沈黙である.それをきみに語ろう」と言いました.しかしわたしはどちらかといえば霊魂の存在を信じないほうなのでわたしが前日に論考を読んでいたせいだと思います(笑).

昼過ぎまで友達の家でお話をして過ごしてそれから大阪大に向かいました.友達がいるので会いにいったのです.電話をかけて呼び出してキャンパスで夕方までお話し.バイトがどうだとか彼氏がどうだとか雑談.「雑」ではなくYだったような気もしないでもないですがやはり気のせいでしょうか.キャンパスに「日本現象学会」という案内が出ていたので非常に拝聴に行きたかったですけど友達に連絡をとったあとだったのであきらめる.

夕方から梅田へ向かってくろ君に会う.黒いコートに身を包んだお兄ちゃん.んでもってHEPFIVEの前でlalaちゃんと待ち合わせ.3人で近くのたこ焼き屋にはいって食事しました.ここは自分で焼くところだったんですけどちょっち難しかったですなぁ.しかし大阪の家庭には必ずたこ焼き機があるという噂はほんとうらしい.なかなかの収穫です(笑).半初対面3人で食事ではありますがお話ししたことがないわけでもなく楽しい食事.たこ焼きも美味しかったです.lalaちゃんにPOSTPETのボールペンをもらいました.とっても可愛くってキューティ^^ 店を出るとHEPFIVEの屋上にある観覧車に乗りました.ビルの上に観覧車を作ってしまおうというのが大阪的発想かな,と思う.夜景がとってもきれい.近くのマックでtoshiとKAZを待つ.toshiは黒いジャンパーをはおっていてKAZは眼鏡.toshiは意外といえば意外.もうちょっとなよっとしてるかと思った.KAZは意外と理知的な印象(笑).もうちょっと壊してみたかったですけど(笑).くろは19時で帰ったので5人でそろったのは一瞬だけでしたね(^-^; lalaが21時で帰ったので3人でまた別の店へ移動.焼肉風の食事をしながら多少ディープな会話を(笑).しかしまだ一般的な範囲を逸脱してはいないでしょう.toshiは22時過ぎに帰ったのですがわたしは友達が24時にならないと帰ってこないためKAZを無理矢理引き止めてFFへ.わたしはアクセルをかけるほうではなくて普段全速で場合に応じてブレーキをかけるほうなのですけど一日ブレーキ踏みっぱなしだったのでここで全開にしてみました(笑).全開にすると方向が決まってしまうので3人でいるときはしにくいです.ですが全開はいいけどわたしはインプロビゼーションが苦手なのでまともな応答はできなかったです(^-^;

KAZとは23時ちょっとまわってから別れました.電車に乗って友達(昨日の友達とは別人)の家のある淡路に向かっているとtoshi君から電話があって湯川薫先生のサイトの1000hitを踏んでシュレT(シュレーディンガーの猫Tシャツ)をもらえるそうです.うらやましい( ̄¬ ̄).2月にまた会うんで着てきて見せてと頼みました.飲ませて酔わせて寝させて追いはぎしちゃいましょう(笑).

友達の家に着いてからはひたすら飲み(笑).わたしは弱いんであんまし飲まなかったんですけど.飲みが終わるとラーメンを食べに行きました.宿泊賃だということでおごり.泊まってあげるんだからそっちが払えといいたかったけど追い出されるのを防止するため言いませんでした.優しいなぁ,わたし.当たり前か.昨日の友達が遊びにきて二人で競馬の話しをし始めたので6時に就寝.いらんことしそうな二人なのでカメラは没収しましたけど(笑).というか前科ありだから信用ならん.


--------------------------------------------------------------------------------

「思い立ったらいても立ってもいられないの日」11/12(金)

●朝7時に起きるとすぐにネットに繋ぎ各方面に逃亡することを伝達.しかし重要なところには捕まるのを遅くするため連絡をいれない.わたしの逃亡秘術.携帯電話も業務連絡用のほうは家に置きっぱなし.ということで前日用意した荷物をかついで名古屋駅へ.バス一本で30分くらい.うたた寝しながら過ごす.寝る前にあわてて髪をピンクにしたので寝不足である.しかもまだら.まだらな紐というトリックを思いつくが一瞬で見抜かれそうなので書くのはやめようと思ったりして.名古屋駅に着くと何か買おうかと思っていたけど電車の時間がちょうどよかったのですぐさま乗り込んで出発.ということで3時間後に大阪着.ここで携帯電話をおもむろに取り出しtoshiくんに連絡を入れてみたりして(笑).前振りをいっぱいしておいたので反応が面白い.しかしバイトがあるそうで逢えないとのこと.ちゅうわけで友達に連絡をいれる.これから大学の授業だったようですが代返を人に頼んで迎えに来てくれた.わたしに会うためならサボりも仕方ないでしょう.とか直接言ったらフザケンナというありがたいお言葉をちょーだいしました.フザケンナってオザケンナって感じ.

西宮北口で待ち合わせをしてそこから友達の家にある甲東園に行きました.駅の前にあるマクドナルドでとりあえずの食事.店員にわざとらしく「この近くに別のマックってある?」とか聞いてみたりする(笑).しかし無反応でした.残念.友達の家で20時くらいまで過ごして友達はバイトへ.わたしは西宮北口まで戻り駅前のミスタードーナッツへ.この店にしてついにスケジュール2000を入手.ラッキーカードと引き換えてもらうときに「全部名古屋のミスドのやつなんやけど名古屋人にはもらえるん?」とか聞いてみるが「はい,大丈夫です^^」という至って普通の返事.つまんない.

ドーナッツを食べながら本を読んでるととなりの大学生数人が「哲学はプラトンに行き着く!」とか話してるので混ぜてもらったりして(笑).ウィトゲンシュタインの優れているところはウィトゲンシュタインの本を読んでいなくても解説書を読んでいなくても直感的に理解できるところだとか原本から読むべきか解説書から読むべきか,科学離れへの危機感とか専門家とオールラウンダーはどちらがいいかとかとりとめもない話しを.友人の失恋を励ます会だったようですけどわたしが乱入したことでぶち壊し鴨(笑).

toshiやKAZと電話で連絡を取り合ってあしたの予定をはなしたりして23時に店を出て甲東園に帰宅.朝までネットしていたら泊めてもらっていた友達に「なんでうちにきたん?」と言われたので「ネットがあるから」と答えると鉄拳制裁を頂きました.友達の代返ですが講義中に当てられてしまい無意味になったそうです(笑).

●言葉の定義が定まらないことからなにか導き出すことができるかというとそんなことはまったくないわけで.定義という言葉を厳密に解釈した場合言葉は定義しきれないのでわたし達は何一つ指示されて行動ができなくなってしまいますが実際にはそうしたことはない.このとき「厳密な解釈」とはいったいなんのことを指すのか.言葉は定義されないという文脈と定義の厳密な解釈という文の整合性(接点)はあるのか.そうしたときこの文は一体何を語っているのか.わたしの答えるべき道はただ一つ.わからない.


--------------------------------------------------------------------------------

「神話崩壊は語感が悪いの日」11/11(木)

●昨日は帰ってきたのが午前3時ごろ.そのまま寝ようかとも一瞬思ったけどそんなわけもなく接続.可能性という言葉の意味を噛み締める.可能性の見積もりは自分のためにいつも低め.5%くらいだと思いこむことにしている.それより低いと悲しさが募るから.それより高いと慣れてしまうから.

わたしはわたしの前に立つ
顔をつかみ髪を持ち上げ
瞳にkissして
自分の心を覗きこめば
見知らぬ不安に苛まれて
きみの瞳にはなにが映っている?

今日から数日間更新ありません.


--------------------------------------------------------------------------------

「学級崩壊という言葉はけっこう語感がいいの日」11/10(水)

●ミスドに行ってコーヒーとヘルシーアメリカンマフィン(バナナ)を食べる.美味.あしたからはヘルシーマフィンでいって全種食べようか.ラッキーカードは1ポイント.ただいま9ポイントです.あしたかあさってにはスケジュール2000が手に入りますね.新聞の投稿欄がカタカナ語の使用についてのことだったんですが(いわゆる外来語の氾濫がどうだとか)この手の話題は的を射てない話ばかりでわたしはあまり言及しないことにしてます.言うといやみっぽくなるから.で,ある投稿が目に付いたんですが,論点は的を射てるのに話の持って行き方はわたしと正反対でわたしを健康的に腹を立たせるものでした.そういう投稿は珍しいのでどんな人なんだろうと投稿者の名前を見てみると,名前:加藤主税/職業:大学教授. 、、、、あのおじさんじゃん!!(笑) 知らない人のために書いておくと,わたしは前にこの人が書いたコラムが気に食わなくてこの教授の大学のHPからメイルアドレスを調べてわたしの意見を伝えたところじゃあ会って話しましょうということになって椙山大学まで行ったことがあるんですね.相変わらず意見変えてないのか,とちょっと思いました.しかしわたしごときの意見に左右されてちゃ教授なんて務まらないか.彼はどうしても日本人の誇りというものを捨てたくないみたい.わたしはわたしであることに誇りをもっていれば十分なのでそこが噛み合いませんね.いまのところわたしであることに誇りをもてないでいるのですが.誇らしげって祠が茂みに隠れてるみたい(示唆的).

●どこかに流したソースを転載.といってももともと日記用に書いた文章を流したんですけど.

人類は手を使うかわりに道具を使い,自ら働くかわりに機械を生み出しました.では,人工知能が完成して考える代わりをしてくれたら人類は一体何をすれば良いのでしょうか?もうすべては機械が代用してくれるのです.人間は動く必要がない.いや,いる必要がない.そんな日が来るのはまだ先の話しですが,今から考えはじめなければいけない問題でしょう.2112年9月3日にはドラえもんが誕生しますからその前には決着をつけておきたいですネ.例えば問題提起しておくと,ドラえもんには感情があり心もあるわけですからからだが機械なだけで人間と違いはないわけです.からだが機械であるかどうかということは,わたしに言わせればチェスの駒の形状,盤の材質が違ったらチェスでなくなるか?という問題でしかありません.人間の本質とは?という文脈において語られる「人間」とは生物学的なものではありません.心があるかどうかなのです.ドラえもんは本を読む限り吹き出しが思考していることを思わせますから心があるのでしょう.ところが実際には心があるかどうかを判断する方法は現代にはないのです.目の前に人に心があるかどうかはわからない.それが端的には心脳問題と呼ばれるわけですけどこの判断ができるようにならない限り人間と同様にしか思えないロボットは作ってはならないと思うんです.

ただこのことは次の問題をはらんでいます.それは,「意識盲」です.この言葉は知らない人がほとんどだと思います.だっていまわたしが考えたんですから(笑).意識盲とは,感覚,思考,行動,働きかけなどのすべてを意識においては体験しないがそれでも外見上は思考し,感情を持ち,行動する人のことです.わたし達が普段持つこのありありとした色や音,感覚(これをクオリア(qualia)と呼びます)は持たないけどまったく常人と違いないわけですね.心がないとはこのような意識盲であると言えるわけです.もちろん他者の意識を検出する方法のない現代では意識盲の人がいるかどうかはわかりません.しかし,人間とは?という人類の存在価値に影響を及ぼすような問題をこのまま放っておいて良いはずがない.ロボットに心がないならそれはたんなる機械です.ところが,心があるならそのロボットはロボットではなく人間にはならないのでしょうか?また,ある人間が意識盲である,と判断されたらどういうことになるでしょうか?脳死臓器移植の議論で,肯定派は人間であることは意識があることだから脳死者は意識を持たないので死んでいるといえる,と言います.ということは意識盲と判定されることがあったらその人は死んでいるということになります.明瞭に会話を交わし,冗談を言いあい,ともに芸術を鑑賞する隣人が死者かもしれない、、、、このことについての議論なしに心脳問題を解決しようとすることは危険であるとわたしは提唱します.


--------------------------------------------------------------------------------

「だーっだどっどだーっだどっどだーっだどっどだーだだーだの日」11/09(火)

●ということでMATRIXのテーマソング,マリリン・マンソンの「ROCK IS DEAD」を聴きながら.頭の中はもうキアヌ状態(笑).ベランダから飛び降りたくなりますけど疑いの心があるので落ちてしまうと思いますのでやりません.せめてタケコプターがないとね.「そーらを自由にとーびたーいな~♪」「なぜ気付かない」という2連コンボを繰り出して,と(笑).起きたのは早くて9時.でも今日はおやすみ.もともとかどうかは知りませんけど.日中は天気がいいのでくるくるとバイクで走りまわってみる.星ヶ丘の友達の家に行って趣味の写真芸術をさんざん批判してみました(笑).別に写真芸術は嫌いじゃないけどいじめると面白いから(笑).それとともに絵画芸術はオリジナルが尊重されるけどいまの技術ならポスターだってさほど変わらないじゃありませんか,ポスターはだめだとしてもフェイクも見分けがつかないならオリジナルと同価値であって価格なんてのはまったく無意味だとかごちゃごちゃいってみる.アンディー・ウォーホルの作品がシリアルナンバが若いほど高いなんてウォーホルに対する侮辱だとかなんとか.芸術を鑑賞する心のないやつにこんなこといわれたくないよね(笑).だいたい,ミケランジェロの作品を言えと言われても一つも言えないようなやつです.

帰りにミスタードーナッツに寄りました.友達がドリンク+ドーナッツ1個で300円になるというサービスカードをくれたので.店舗は指定されますがコーヒー+ドーナッツ1個はわたしの頼み方なのでわたしのおなかにピッタンコ.ちょっとのあいだ池下店に通うことになりそう.期限は来年の3月まで.で,使うときに一応不安だったので聞いてみました.「このカード使えますか?」「はい,大丈夫です」「コーヒーでもいいですか?」「はい,大丈夫です」「これ使ってもラッキーカードもらえますか?」「はい,大丈夫です」店員のお姉さんははよ頼めやというような顔つきでしたけど条件をオールクリアしたので安心.コーヒーにチョコフレンチクルーラーを頼みました.

本を読みながらドーナッツをあむあむしてると電話がかかってくる.見たことのない番号でしたけどちょっと心当たりがあったので出てみると思ったとおりtoshi君でした.初めての会話でちょっとどきどき♪(爆).オフ会の話とかパソの話とかチャットの話とかいろいろな話をする.わたしは人見知りするほうなのでけっこう泡食ってましたけどおなかの足しにはなりませんでした.楽しかったですネ.でも,一言いうと自転車に乗りながら電話かけるのはやめましょう.ゲームも不可.そんなtoshi君にこの格言を.

「多分『画面が揺れるゲーム』でも作って与えればそれをやって酔うんでしょう」中禅寺千鶴子(多少変えてます)

●なに新聞か忘れましたけど「(ダイエーの)工藤に65000通の嘆願書」という見出しがあってコメントに「徹夜で目を通しました」と書いてありました.一通5秒で90時間.一晩で読むなら一通1秒以下.たぶん,ほんとうに目を通しただけだったんでしょうね.と,ある方のまねをしてみる(笑).手紙の数と工藤のコメントどっちが正しいのかはたまた両方ともたばかってるのかは知りませんけど.そういや前に友達がバイトであるイベントの入場者数の集計をやって,その人がみんなの数えた数を足し合わせて,30000人という数字を本部に提出したそうです.で,次の日新聞を見たら入場者数50000人になっていたそうです.最高裁も一票の重さの格差を1.7倍程度までと言っていますからそれにあわせたんでしょうか(笑).(今は少し変わってるかもしれません)

●わたしの特別さ,といったときその「わたし」は誰のことでしょう.この文を書いているわたしでしょうか.しかしあなたがこの文を読んで各々の「わたし」に読み替えてもわたしの特別性は成立します.ですが,全員について言える特別性など少しも特別ではないでしょう.この「わたし」のみが言えるはずなのに誰もが言えてしまうという誤解のされかた,そこに「わたし」の秘密は隠されているのでしょうか.いえ,そこには残滓も残ってはいない.しかし,それは目前に示されているのです.ただ,届かない.あなたは水の内部に触れることはできるでしょうか.水槽の中に手を入れても手が触れているのはあくまで水の表面です.水の表面に手を包み込まれているだけです.1mm,いえ,1nm先にある水の内部に決して触れられない.わたしがわたしだけの特別さをどれだけ言おうとそれは伝わらないのです.

<私>について語ろうとする努力だけが,他者の存在を自ずと開示する。永井均:「<私>の存在の比類なさ」の帯より

●本を読んで,そこに意味について綴られていたならばその本は白紙も同然だ.なにも書かれていない.意味について語ろうとするならその人は意味についてなにひとつわかっていない!意味とは,こうして文章にでき,語ることのできることだ!いや,そうではない.それはまったく意味と言うものではない.ではこう言おうではないか.こうして文を書き語ることができる,これでじゅうぶんではないか.さて,それではゲームを続行しようか.それが,ルールだ.


--------------------------------------------------------------------------------

「サドンデスって何回聞いても怪獣の名前に聞こえるの日」11/08(月)

●ちょっと起きるのが遅くなって,めちゃくちゃ焦る.今日はなにがなんでも遅刻するわけにいかなかったのです.パソコンも立ち上げることなく起きてから1時間後には出かけるという記録的な時間で外出.16時には用事が終わって図書館に寄ってみるけど月曜日は休みということをすっかり失念していた.せっかく少し離れた大きな図書館まで行ったのでがっかりして考えこみ,NTTのショールームでタダネットをしようと思いつく(笑).そこから近くのNTTに行ってみるけど先客がいてなかなか離れそうにないので仕方なくあきらめて家の近くのNTTにしようと思う.ここであきらめないのがわたしの良い所か.他のことはすぐあきらめるけど.で,大曽根の近くのNTTに行ったらNTT自体がなくなってました(笑).うーん,ここまでレンチャンされるとちょっと悲しくなる.明方まで樹海さんと話していたからその呪いでしょうか.いや,間違いない.コノヤロウ.とりあえず呪詛返ししてから朝からご飯食べていなかったので近くのマクドナルドに行こうかと考えるけどいまはミスタードーナッツがラッキーカードを配布中.スケジュール帳が当たるので集めています.で,熟考の末にミスドに決定.ポイント集まらないうちに終わっちゃったら悲しいからね(^o^)/ 300円で一枚なので2枚欲しくていつもはコーヒーとドーナッツ1個の所をバニラシェイクにもう1個ドーナッツを.一日分のカロリーがありそうだね(笑).しかしポイントは両方とも1点.こんな日なんだから少しくらい良い目見させてよ!!と店員に交渉したかったけど変人に見られるのでやめときました.まだSelenの仲間入りするつもりないし.まあ新作のアメリカンフルーツジュニアブルーベリーは美味しかったので良い一日でした^^

●「言葉では表現できないもの」「言い表せないもの」という文はいったい何を言おうとしているのか?言葉では表現できない何か独特な印象,であろうか.だがしかし,独特な印象と語っている.それは語るうちにはないのだ.言い知れぬとは言ったことであるし形容し難いとはそういった形容だし表現しきれないとはそういった表現方法である.それなのになにゆえそうした矛盾した言葉を使うのか.それはメタへの志向ではないか.言語外の活動を人間は知ることができない.いや,「知る」という言葉も言語規則に従う以上知るとはすべて言語活動だ.人間が何か言おうとすること,それは言語ゲームのうちである.だから,わたしがこうして言語の域を出ようとすることも言語ゲームである.何か「それ」について考えるとき(この文脈において語られる「それ」をわたしは<それ>と名付けようと思う)ゲームはスタートしている.否,最初からわたし達はゲームのうちにいる.誰もが疑いなくゲームを享受している.なぜならこの言語ゲーム空間はひたすらに広い.宇宙の基となる母宇宙がありその基となる母宇宙があり,根源には時空を超えた「揺らぎ」があると宇宙論において語られることがあるが言語空間はその(まさに)途方もなく広い(という概念がもう通じないのだが)揺らぎさえも超越して,ある.人間に認識,思考されるすべてはその空間に閉じ込められているのだ.いや違う.閉じ込められているのではない.それがすべてなのである.それ以外を思うことは(思う時点で言語ゲームだ!)なにも言い表さない.言い表さないということが言い表しているものこそがその<それ>である.

もちろんわたしに「<それ>」などという記号を作ることに躊躇がないわけではない.「<それ>」をウィトゲンシュタインがみたら顔を真っ赤にして怒るに違いない.「そんな記号は何も表してはいない!」と.ウィトゲンシュタインは既に知っていることなのだがわたしはこう答える.「何も表していない.それこそがこの記号の意味です」と.「無」とかかれたところに無はない.無は何も書かれていないところ,即ちこのような文章が書かれていないところに存在する.そしてそれは二つの意味で存在しない.一つは無とはあると言われるものではないしないと言われるものではない.言われない.それが無である(と言うことはできない).一つはそのようなものをわたし達は知りえない.知ることのできないようなものを知ることはできない.そしてそうしたものは存在しないといって構わない.知ることのできないものが存在するなどとはまったく言えない.言わば,そうして現れた知ることのできないものこそが<それ>である.この記号が何を表し,何を表していないかわかっていただけたであろうか.

●数理,言語の証明の不完全性は,それを数理及び言語のうちで語らねばならないところにある.つまり言語の不完全性はこうして文章を書いているところから始まっているのだ.言った端から間違っている!いや,そうだろうか.なぜ言葉で語ったものは間違っていると言葉で言えるのだろうか?間違った道具の使用の正しさをその道具で直せるのか.間違っているとも言えない.いや,そう語ったものはすでに間違っている!間違いを訂正しようとする行動が間違っている!それを口にしてはならない!口にすればすべての言語は否定される!何も語るな!語れば言いたいことは伝わらない!しかしそう言っているではないか、、、、

ウィトゲンシュタインは「語り得ぬもの」を語った.それは語り得ぬものであると語ってしまったのである.それは,なぜか.答は明瞭である.語らざるを得なかったのである.彼は語り得ぬことを語ることに何か意義を見つけたのか.それは語り得ない. 語り得ぬもの体験コーナー(笑).CPUに不安がある人は見ないように.見てもいいことありませんから.


--------------------------------------------------------------------------------

「願いよ叶え,いつの日かの日」11/07(日)

●昨日の夜,あゆゆに薦められた椎名林檎のCDを借りに行ったけどなかった.のでかわりにダンスマニアを借りてくる.わたしはユーロビートとか好きなんだけど意外と言われるのはなぜでしょうか.そのうえビジュアル系が好きなの?とも良く聞かれる(笑).嫌いじゃないけど.ジャンル分けして好き嫌いが言えるほど音楽詳しくないです.ユーロビート聞きながらからだ揺すって日記書いてます(笑).友達のお兄さんの日記を読ませてもらったんだけどめちゃくちゃ面白かった.多少UG入ってたけどまあ面白いからいいや(こら あの弟にして,ってやつですね.プライバシー保護のため名前はいいませんけどHNが微妙に良く変わる人です(笑).カウンターついてないし完全に個人サイトだと思うんだけどちょっともったいないかも.笑いまくってしまった.笑いまくりと言えば久美子にわけのわからないWAVファイルをいくつかもらったけどもう抱腹絶倒もの.NHKのニュースを切り貼りしてシュールなニュースに仕上げるってえ代物だけどこんなのよく作りますね,ってカンジ.どう考えても売れる.CDを借りたついでに本屋で「かしましハウス」の単行本を買う.面白かった.

●ある日記に非常に胸に刺さることが書かれていました.わたしの人格保護のためどこかは書きませんけど.わたしは逃げているんですね,多分.何かから.それをうまくつつみかくして曲解して他人には夢を追ってるように見せかけてます.そういうテクニックには自信あり.口先三寸ってえやつ.有言無行.まあほんとうはそこが胸に刺さったんじゃなくてわたしが知らない部分だと言うことにショックを受けただけです(笑).好意を持ってる人が素通りしていくような感触を受けるのがわたしは一番嫌いです.泣きたくなるから. 非常に日記らしい日記ですね(笑).コレモイイカモ.

●あまりにもよく「音楽されてるんですか?」と聞かれるので反抗のためにアメリカンクラッカーを持ち歩こうかと画策しております(そんなやつぁいねえ!!ネタ).いえ,ギターはたまに弾くんですけど.今日の晩ご飯は松茸ご飯でしたけど,それで思い出すのがお兄ちゃんは松茸が大嫌い.それだけでなく高級食材と言われるようなものはほとんど嫌いです.鑑みるにわたしもトロ,うに,いくら,数の子,キャビア,フォアグラなどは食べられない.お姉ちゃんも一緒.でも,親は食べられます.ここから導かれる結論は、、、、コノヤロウ(笑).

●今日からまたちょっと難解シリーズを再開します(笑).

思考を言葉以外の方法で伝えられるでしょうか.テレパシーなんかがそうだと思いつきますし,伝えるのではないにしても映像で思考することは可能かもしれないとも思える.ですけど,それは言葉とおなじように論理形式を持つことは間違いない(おなじような,じゃないことに注意).言葉で思考するのではなく論理で思考するのです.ですから表現方法は言葉以外にも絵画,音楽などがありうる.ですが言葉の論理形式は一致することが前提になっていますけど芸術の論理は一致が前提ではないし,隠そうとする向きもある.いいえ,隠したのが芸術だとさえ言えるでしょう.だから,論理を共有しないものにはその芸術性は伝わらない.恰も日本語人に英語で話しかけるように.その思考の基礎となる論理の論理性を表現することはできません.しようとしたならばそれは言語などの論理一般に貶められる.そうではなく考える前にあった論理なのです.もちろんわたしたちは思考しなければなにも導くことはできない.ですから思考のもとになる論理,というのはあまり有意味な言葉ではないですね.これを無駄なものと取るか言葉の裏側にはりついた軟体動物をみつけるかはあなたの考え次第です.

語られたときと語られぬときの差異,それこそが語り得ぬものである.


--------------------------------------------------------------------------------

「ライディーンとサンダガはどっちが威力が強いか?の日」11/06(土)

●バイクに乗って1ヶ月くらいですけど,はじめてコケました.その上、、、、なんと言ったらいいか,走っててコケたのではなく,ミスドに行こうと思って店の前に停めて降りようとした瞬間に「く,靴紐がステップにひっかかってるぅ~~!!」という事態が勃発して重心を反対側に持っていって体勢を立て直そうとしたんですけど叶わずそのままコテン.口からファイガを吐くほど恥ずかしかったです.でも,店に入らずに行くのもなんかなので堂々と入りました.店員は笑ってなかったけど客は思いっきり笑ってはる.ああもう,ほんとうに恥ずかしかった。まさか初ごけがこんなことになるなんて.どうせならコーナーを曲がる切れずに,とかのほうがかっこいい.わたしはあんましコーナーのスピードを気にしたりするような走り方はしませんけどバスとトラックが併走してたりすると間を抜けれるかどうか試したくなりますね(笑).

●で,昨日は帰ってきたのが夜の2時くらいで,5時までチャットしてたので起きたのが昼過ぎ.毛布を入れたのでとても快適に睡眠できた.上下毛布にするのはもうちょっと先かな.冬になると一日中毛布に包まって歩くので家族には雪だるまと言われます.でも,温度は氷点下じゃないんだから形状的にはただのだるま.そう考えると世には「まるで雪だるまのようだ」といいつつも雪は関係なくてだるまだけで良いことがいっぱいありますね.多分,雪だるまは雪でできてるけど温かみを感じるからでしょう.しかしだるまさんの怖い顔だってあれは一応教訓的な顔で下には優しさがあります.「だ~るまさんが~こ~ろんだ!」という子供に向かって「ううん,だるまさんは転ばないよ?」と言うと泣く子がいるので注意(笑).<小学校のころ経験.


--------------------------------------------------------------------------------

「世界に限界がないならなぜ世界という言葉があるのだろうの日」11/05(金)

●風によって削られた地形がまるで人間の建造物のようだったとしてもそれは自然です.その地形がどうみてもビルディングのようだったとしてもそれは自然でしかない.ならば,宇宙のどこかに地球とまったく同じありようをした星があったとして,そこに生命がいないとしたらそれは自然と言えるはず(もちろん可能性はほぼ0ですが).しかしそこに生命がいるいないがどうして自然であるかどうかに関わるのか.その星に自然の作用で偶然建造物ができそれが工場様でなかには機械らしきものが存在しそれがロボットを作れるような機械で偶然にもあってロボットが生産されそのロボットが街を作りはじめまったく地球と同じありようになった.人間は箱庭を作る道具でしかない.

●わたしは語らないということを語る.ほんとうに語られていないことは語られていない.ここに書かれたすべては語られたことになる.落書きをするなと落書きできないように(また,できるように)語らないということを語られないし,また,語り得る.落書きのされていないきれいな壁は落書きするなと語っているだろうか?それはわたしの問題である.きれいな壁はわたしの思考を反射する.わたしが落書きをするようなものに思わなければ壁はわたしに落書きするなと語る.わたしが落書きしたいと思えば壁はわたしに落書きするなとは語らない.形而上学的なものは以上のようなものであるということをわたしは語る.「語り得ぬもの」という文字―文・記号―はその構造的配列によってわたしに語られる.そのような落書きはわたしからわたしへの語りである.読むとは語ることでもある.語られぬことはそのような空白記号によって語られる.

●朝早くからおでかけした.バイクだと寒いね.栄,名古屋駅と回ったのだけど一通が多くてなかなか目的地に辿りつけず一瞬エントラップメント?!とは思いませんでした.この頃ちょっと忙しくてなかなかBBS回りができない.自分のところにレスを打つので精一杯.メイルも書けないし.仕方ないので忙しいのはいいことだと思いこんでます.マッハの単位ですがあれは0℃で1気圧が基本だと思いますがまあわかりにくいと言えばわかりにくい.あんましマッハで飛んだことある人いないと思うから.それに飛行機で飛べたとしても近くにものがないから体感できないよね.ウルトラマンはマッハ5で飛んで走ると700km/h.光速の計測方法で面白いのは2枚の歯車を使って回転する歯車の目に通して見えなくなったら,なんていう原始的な方法でけっこう正しい数値が求められること.今日の帰宅は午前様の予定.