Sunday, May 2, 1999

ログ-2('99 05/01~05/31)

��9/5/31 昨日は昼過ぎからお客様を迎えてお話をしました。いろんなお話ができて楽しかったです。私の最近の趣味である〇〇〇や〇〇から〇〇〇〇〇〇〇、〇〇まで幅広い話題でした。なかなかすごいセンスを持った人です。〇〇こそ〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇がある人というのでしょう。〇〇〇〇〇〇〇と〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇は似て非なるものです。もちろん〇〇〇〇〇〇〇なことの方が難しいし必要です。〇〇〇〇〇〇について色々と教えてもらいましたが今ダウンロードサイトを探しているのですがどうやら試用ヴァージョンは今はやってないようですね。残念。そうそう作る暇もありませんが。(4:15)

午前中はちょっとした用事で街まで行ってきました。思わずアウチ!と言いたくなることがありましたが言わないでおきましょう。お昼前には帰宅しました。今日も陽射が強いですね。〇〇〇〇を〇〇〇〇って出歩きました。〇〇をそろそろ買いましょうか。今日はちょっとネットには入れなさそうですね。無意味に多忙です。 そういえば昨日の夜、〇〇〇〇の友人の〇〇〇と〇〇〇から電話がありました。「今出てこれない?」というので「理由による」と答えると「二人で飲んでるんだけど誰も捕まらないから」だそうです。そりゃみんな逃げるわ。私も丁重にお断りをさせていただきました。本当は少し心が動いたけど今は欲望に負けるわけにはいかないのです。う~ん、素晴らしい。(14:00)


--------------------------------------------------------------------------------

99/5/30 色々と考え事をしてるのですが忘れそうなのでここに書いておきましょう。多分、見直さないから一緒だけど。 私は「認識」ということが一番大きいのではないかと思っている。色々と捻くり回して考えてみたがどうも認識は越えられない形で存在するようです。ああ、そう。考えること自体がもう認識の一形態なわけです。越えようとしてもそれは「認識せずに認識する」という徹頭徹尾矛盾したものになってしまう。もう人間の基礎中の基礎、生命のセントラルドグマです。〇〇〇〇の〇〇さんが提唱する「〇〇〇〇〇〇〇〇」はこれを乗り越えた先にあるわけですから非常に、異常に難しいといえるでしょう。多分、無理ですね。越えようとするその働きが既に認識になっていますから。しかし「それはできない」と声高に言うことのなんとむなしいことか・・・ / 私は、〇を〇〇になります。でももちろんそれが「私として」不必要、無駄なものだともわかっています。しかしどうあがいても〇〇になる、考えてしまいます。これは多分私が人間であることに由来しているのでしょう。生命としての存続を願う遺伝子が私にバイアスをかけるのです。そんな強制から私は逃げたい。人間を超えて私は「私」になりたい。本当の自由はそこにあるが実は簡単に実行できます。死ねば良いのですから。(2:00)

背景を変えてみたところ非常に見にくいですが気にしないことにしましょう。最近私のPC,愛称MASK君の調子はなかなか良いです。遅いのは元々ですがフリーズしなくなりました。というか私が無理にウインドウを開かなくなっただけですけど。今日は回線がメチャクチャ遅くていらいらしてます。1秒に10bくらいしか送受信できてないんじゃないか?と疑いたくなります。普段は数分空いてもその間思考ができますから無駄な時間というのはほとんどないのですが回線が遅いと待っている間は少しだろうと思ってしまうので時間を取られます。これが悔しい。 あ、一つ思い出しましたがこの前〇〇〇〇〇〇で〇〇〇が〇〇〇〇になりましたね。これ、多いですか?少ないですか?難しいのはどこに基準を置けば公平なのかと言うことです。例えば〇〇〇が〇〇〇であるときとどっかの〇〇〇〇とでは〇〇は変えるべきでしょうか?〇〇が〇〇のときとどっかの〇〇〇〇のときでは変えますか?変えないならどっかの〇〇〇〇にどっかの〇〇〇〇が〇〇な〇〇〇〇を投げかけても〇〇〇の〇〇〇を〇〇〇というわけです。また、〇〇ならそんなの関係なくなってしまうわけです。だからやはり変えるべきなんですね。ところが〇〇が変わると「〇〇〇は〇〇〇〇より価値がある」という見方もできてしまいます。いやはや、とか、なんともかんとも、という言葉は死語でしょうか?(3:10)

といいつつ一晩中サーフィンしてしまいました。今日は不作。あまり良いサイトには出会えませんでした。まだ肌寒いですね。上着を羽織ってます。よく、「寒いと意識が冴える」とか「限界で考えると良い」と聞くことがありますが私はできませんね。うだうだ、ぐだぐだしてるほうが考えられるし、のほほんとした陽気のときの方が〇〇がはかどります。 上で書き忘れたことがあったのですが最近人に「私達に問うていけないことは何一つない。問題は、その答なんだ」と言いましたがわれながら良いこというと思います。私は〇〇〇〇ことも〇〇することも考えます。考えることを「考えるな」と言っても始まらない。「考えてそれがどういうことかを導き出す」ことが重要です。ある〇〇〇〇で〇〇〇〇〇〇を受けた人が「〇〇の〇〇を考えると〇〇が混乱して全部〇〇〇〇してしまえば良いと思えてくる」と〇〇したことに対して〇〇〇が「そんな〇〇をすることが〇〇〇ない」といってました。〇〇ですね。〇の〇とは必ず〇〇の〇です。〇〇〇〇ただの一人も〇〇の〇〇を〇〇〇人はいません。〇〇して〇〇を得る人は〇〇〇な人間です。〇〇の〇〇からは少しも〇〇できないしそんなことをするのは〇〇として〇〇〇〇ことだ、と思いつつも(思わずに)〇〇人こそが〇〇です。それを今の〇は〇〇するし、〇〇される〇〇なのです。チッチッチ、わかってないな、君。 今日はお昼にお客様を迎えるのにこんな時間になってしまいました。どうしましょうか。(4:45)

起きられました。でも、無意味に早起きで少し眠いし目が痛いです。今日は良い天気です。つまり、最悪な天気。「直射日光浴びるくらいなら被爆した方が良い」というのが私の持論です。最近は〇〇〇〇〇〇〇いますので我慢してたまには出歩きますが。あと、サングラス無しで間接日光を見るのもいやですね。目が痛い。〇〇君が〇〇〇くんの家に行ったようです。先ほど電話がありました。〇〇君、〇〇〇君が死にかけてないか確かめてください。それが唯一の不安なのです。 良く考えるとこの〇〇〇〇〇じゃないですね。〇〇に〇〇〇〇ことを前提にして書いています。しかしそうじゃなければ〇〇〇〇に〇〇意味がありません。〇〇ても意味はないけど。〇〇としては〇〇〇ことに〇〇がつかないから〇〇〇〇できることかな。〇〇とかでここにあるようなこと〇〇と〇〇の〇でしょうから。しかし〇〇から〇〇〇で見られることは覚悟しています。その方が私も生きやすい。一言反論しておくと白い目で見るということは「白濁してて何も見えてない」ということと同義です。反論になってないか。(8:45)


--------------------------------------------------------------------------------

99/5/29 どうも〇〇〇してる〇が多い様です。「〇〇〇〇〇」が〇〇〇いるようですがまあ、それは良いことでしょう。でも、〇〇がおかしい。「〇〇した。」といった〇を〇〇ますがそれは〇〇〇〇います。あの〇は、〇〇で、「ふ~ん、そうなんだ。」で終わらせるのが正当な〇〇〇です。あれを〇〇で「よし。これからは。」と思っている〇。〇〇〇は〇〇をかける〇〇〇が〇〇です。〇〇してください。 下記の〇〇〇君ですがなぜに〇〇が今までできなかったかというと回線が繋がらなかったからだそうです。電話はかけられるのにプロヴァイダには繋がらない。どうしてか不思議だったそうですがとりあえず電話で申し込んでROMの契約方法を送ってもらったようです。でもやっぱりネットに繋がらない。半分諦めかけてもうネットは止めようかと思っていたそうです。でも、最後に、と、iMacの裏側を覗いてみたそうです。そうするとなんとモジュラージャックがささっていない!そりゃ繋がらんわ。本日は夜半に出没するかもしれません。(11:40)


--------------------------------------------------------------------------------

99/5/28 今日はなぜだか電話が多い。どうしてこの番号を知ってるの?という人からもかかってきた。そろそろ携帯も替えどきでしょうか。ついでに形態も変えましょう。と言いたいのですが私はゲシュタルトノイドではありませんのでできません。アストラルだったらできるかも。あ、ちょっとマニアックかな。 マニアックといえば「神のみぞ知る」が「神の味噌汁」に聞こえるとか「お前は走り出す」が「お前はバシリスク」に聞こえるとか思いますね。(バシリスクがわからない人は検索してみましょう。笑度10%アップ。)〇〇〇〇さんに怒られるかな。 今日お世話になってる人に「〇〇〇買った?」といわれつい「はあ?」と言ってしまいました(笑)。〇〇〇を買うようになったら人間おしまいですね。と言うと「でも、もしかしてってことがあるじゃん」と言われますがあれは「もしかして」思わせて〇〇ものですね。〇〇なことでも0.00001%なら〇〇は〇〇〇と〇〇くせに〇〇ことだと〇〇になるかもしれないと思うわけです。それと良く言われる「〇〇〇〇」って言う人がいますがよほど〇〇な〇〇なのでしょう。〇〇〇申し上げます。〇はそこまで〇〇〇ことはないでしょう。 〇〇〇君が〇〇〇〇〇と〇〇したそうです。早く〇〇〇を〇〇なさい。 明日の昼過ぎまでオフラインで過ごします。(16:30)


--------------------------------------------------------------------------------

99/5/27 外は大雨です。でも家の中には降っていません。なに言ってんだ私。なにかって言うと眠いのですね。まあいいや。昨日はお部屋を模様替え。もちろん、断じて、決して現実逃避などではありませぬ。お見逃し下しませ。一年ぶりの大規模変更です。机の位置やコンポの位置などは数年ぶりの移動です。また〇〇〇のときの〇〇の〇〇〇なども〇〇ました。出てくる出てくる。小学校の時間割まで出てきました。こんなのとっておいてどうするつもりだったんだ?謎です。まあ一応名簿なんかは取っておくことにして〇〇〇の〇〇〇〇〇もすべて捨てました。取っておきたいような気がしなくはないけどどーせ人生で見ることはないでしょうから。しかし〇〇〇のとき〇は〇〇〇だったので(〇〇〇の〇〇だけね。)〇〇の〇〇〇は〇〇〇おくことにします。万が一〇が〇〇なんて〇〇ようになったらこういうので〇〇〇〇〇を掛けてやるのです。はは、〇〇な〇ですね。でも〇の〇〇は〇〇の〇〇から〇〇〇〇〇へ〇〇〇そうでたいそうな〇〇を〇〇〇〇つづけていますがそれは〇〇〇な、と思うし〇〇もしますがそれで〇〇を〇〇〇ことはありませんね。〇がなくても〇は〇〇、ということでしょうか。〇〇じゃありませんよ。(2:25)

ウトウト寝ていたら日が明けてしまいました。今日は昨日に引き続き模様替えする予定。どうしても色々やりたいことが出てきてしまったのです。メイルは数件送りました。ほとんどはそんなに大したことではありません。結構前から〇〇〇を〇〇〇いる〇〇〇〇〇がいるのですがその〇がだんだんやばくなってきました(笑)。〇〇のつけどころが変わってきたようです。〇もおいそれと〇〇なことを〇〇と〇〇〇〇〇てしまいます。う~ん、〇〇。そこまでは〇〇〇〇ないと思っていたのに。それで私と違うのはなのに〇〇ということですね。私ははっきりいって〇〇〇です。〇〇〇で〇〇〇〇てます。そうすることによって生きているのですがその〇は〇〇を〇〇することによって自分を見つめ直しているようです。非常に〇〇べき点です。〇〇がもう一度あればね(笑)。(14:10)


--------------------------------------------------------------------------------

99/5/26 トップペイジに〇〇〇を書き加えた。お気づきのようにどれもこれも私には〇〇(笑)。〇〇なのはそんなことじゃないのです。〇〇くこと、それが〇〇です。今日は〇〇〇〇〇が幾つか〇〇ているので一晩中〇〇に追われそうだね。 いつのまにか私の嫌っていた「〇〇〇〇」って奴が私を取り囲んでいる。ここいらで〇〇〇〇と〇〇〇やろうか。・・・といって〇〇〇〇ないのが〇〇〇〇です。ああ〇〇。(3:30)

「でも、何がいけないわけ?」「ハイ……、犀川先生は……、ソファで……」ってこういうところが一番ミステリィだね、君。<このくそ忙しいときになに読んでやがんだ! まあ、麗しき逃避行って奴ですか。 認識ニキニキっていう歌作ったら売れないかなあ。(<お馬鹿さん) メイル書くといいつつサーフィンばかりしちゃった。テレホが終わったら書かないといけないね。と、自分にプレッシャ。(<こればっかりやな。)(7:45)


--------------------------------------------------------------------------------

99/5/25 消去、削除、破壊、暴力、自殺、滅亡、策略、害悪、嗚咽、暗黒、馘首、亡羊、惰弱、流謫、驚号、怨詛、反逆、狂気、奴視、駑罵、姦淫、股慄、偏見、廃人、断罪、搾取、錯乱、剥奪、枉死、顛覆、疫毒、憎念、幽冥、俘囚、慟哭、悲哀、嘲笑、疑惧、独善、疎斥、蒼氓、空虚、鏖戦、煩悶、リセット、好き。(11:30)


--------------------------------------------------------------------------------

99/5/24 最近メイルを書く量がメチャクチャ多いなあ。別にどれもこれも楽しいことばかりだから良いんだけどね。〇〇〇が〇〇されそうです(笑)。どんどん〇〇してください。と、こんなところに細々に書く気が弱い私(笑)。 新しく〇〇した〇〇で〇〇したらやり込められてしまった。〇〇〇〇〇を〇〇しての〇〇だったのに、〇〇〇〇なあ。でも、やっぱ〇なんかじゃそうそう〇〇〇いかないからね。ここは一つ〇〇さんに〇〇ってもらいましょうか。・・・とは思いません。だって言ってることが〇〇〇〇なんだもん。それに〇〇〇る〇も〇だけど。 ミスドで久しぶりにコーヒー飲んだんだけど、あの受けになんか色々小ネタが書いてあるじゃない。そんでさ、「堂夏一筋子(どうなつひとすじこ)」がミスド歴20年ちゅうのはわかるんだけどバイトの子がいつでも3ヶ月(だったかな?)なんだよね。あれってサザエさんと同じだな、って思ったよ、わたしゃ。どーでもいーか。 「黒猫」もう一回読みました。う~ん、面白いなあ。何が面白いって〇〇〇〇が〇〇されていないのが良い。私は「〇〇〇」みたいのが一番〇〇ですね。〇〇〇〇があれば良いと思ってんじゃないのか?あの〇〇は。まあ〇を〇〇のはこれくらいにしておおきましょうか。<珍しいな、君。(1:00)

あのさ、「みんなの歌」って知ってる?(<なれなれしいな、君。)NHKで流れてる幼児向け?歌番組なんだけど私結構あれのファンなんだ。アニメーションとかも面白いの多いし。でさ、今なんか「団子三兄弟」ってのがそこから流行ったから知ってる人もいるんだろうけど私今の奴はあんまり良くないのね。なんでかっていうと昔は始まるときに大人っぽい女の人の声で「みんなの歌です。」(ちゃっちゃっらちゃちゃ~ちゃん、ちゃっちゃら~ちゃん)ていうのが流れたの。それがすっごくお気に入りだったんだけど今のはカルイ女の人の声で「みんなの歌」って言うだけなんだよね。あれじゃあダメだよ。雰囲気ないモン。でも、愛される番組っていうんなら他の局もあれくらいの作るべきだな。私はみんなの歌愛してるよ。(10:50)

雨の中買い物に出かけたらずぶ濡れ。思ったより降っているよう。雨に濡れるのって久しぶりだけどやっぱり気持ち良いな。Singin' in the rain~と歌おうかと思ったけどあんまりロマンチックな場所じゃないからやめた(笑)。〇〇〇〇さんと話してるうちに思い出しちゃった。なんか、切ないね。あの空の向こうには何があるんだろう・・・(16:10)


--------------------------------------------------------------------------------

99/5/20 昨日の夜〇〇で久しぶりに〇〇〇〇をしました。そこで〇の〇〇になったんですけどある〇が「なぜ〇〇を〇〇〇は〇〇〇〇のか?」を〇〇〇いるっていうんですね!これはびっくりしました。あれを〇〇〇いる〇とふらっと〇〇〇〇た〇〇〇〇〇〇〇〇で〇〇〇ってのはすごいなあ・・・と思うと同時にやはり〇〇〇〇の〇〇さを思い知りました。普通、〇〇の〇〇〇って言われたってわかんないっすよ。〇〇〇には。ところが〇〇〇〇は知られている。〇〇〇〇〇〇〇の〇〇ですね。私が〇〇〇〇〇します。あ、もちろん〇〇〇〇もですよ。しかし〇〇〇〇はその〇でしか知らないのですがあれを〇〇限り〇〇はしていないように思えました。あの〇には〇〇〇な・・・なんてことは胸にしまっておきましょう(笑)。 〇〇の一人〇〇〇〇君が〇〇を買いました。〇〇〇〇〇〇のようです。それなら少しは〇〇〇〇〇ができる。〇の〇〇〇は隠れているがなかなか侮れない。〇〇〇やれるのは最初の頃だけでしょう。すぐに〇〇〇〇れるな。まあ〇〇なんて私には〇〇〇と〇〇〇〇〇〇〇〇ができればそれで良いんですけど。何にしても良いことだとは思います。〇ちゃんは今日くらいに接続できるといっていましたがさてさてどうなりますやら・・・(16:30)


--------------------------------------------------------------------------------

99/5/19 世の中には色々謎なものが多い様で。

私はある日とても強力な〇〇〇のある〇〇を〇〇しました。〇〇〇は弱いのですがうまく〇〇〇〇けば軽く〇〇〇は〇〇〇でしょう。そこでそれを〇〇してみました。ところがそれは大きな〇〇〇で〇〇にはまったく〇〇ない〇〇だったのです。〇〇〇のは〇、それも〇〇と呼ばれるものばかりでした。さて、私は〇〇〇?(18:10)


--------------------------------------------------------------------------------

99/5/17 〇〇〇の〇〇、「〇〇の〇〇」を今日〇〇〇今〇〇終わりました。〇〇としては「何コレ?めっちゃ〇〇〇やん。」ということです。今まで〇〇全部〇〇〇いて〇〇〇〇かな、なんて思っていたのに〇〇のは〇〇〇。すっごい〇〇〇の。もう〇〇〇〇なんて少しも目に入らない。もう、〇のこの〇〇と一緒で〇に〇〇て良いの?ってくらい。ああ、やばいな、少し壊れかけてる。この勢いで???してしまいそうだ。でもね、〇〇だけ〇〇と、〇〇じゃあまだ〇〇に〇〇なところに〇き〇いてないよ、と〇〇〇〇ですね。しかしそれが「〇〇〇」の〇〇かな。そうですね。〇に一番〇〇したでしょうか。やはり「〇〇〇」でしょうか。これが本当の問題提起です。(1:40)


--------------------------------------------------------------------------------

99/5/16 少し〇〇ができなかったですね。なにゆえかというと私が行動を起こすのが遅いため。いつでも一歩か二歩遅れています。まあ、とりあえず約束よりは遅くなってしまったが最終、ぎりぎりには間に合わすことができた。よかった。 最近は〇〇〇〇〇にめちゃくちゃ〇〇しまくり。まるで〇〇〇〇〇か?くらいの勢いです。しかし一つ〇〇のに〇〇〇かかるから大体〇〇つぶしてしまうのでした。 昨日〇〇さんが〇〇〇〇に〇〇に行きました。だからその間〇〇〇〇と〇〇〇の〇〇〇をしてくれと言われてしまった。鋭意頑張っていきましょう。それもO.K.これもO.K.僕らが生きるにゃ自由なんていらないさ。(7:15)


--------------------------------------------------------------------------------

99/5/10 引き続いて〇〇〇〇による〇〇〇〇〇〇〇〇〇について。〇〇〇〇で〇〇が起きているようです。はっきりいってなんだかなあ、という感じですね。確かに〇〇〇〇という〇〇が起きるその〇〇を持っているということは〇にとって〇〇的ですが、それが〇〇の〇に〇〇が起きるまで〇〇しなかった(または起きてから〇〇した)のはさすが〇〇というべきでしょうか。あそこまで〇り〇まっていると逆に〇〇したくなりますね。素晴らしいほど〇〇的で〇〇やすい〇〇です。〇〇〇があんな〇〇だったら〇でも〇〇に〇〇が〇〇〇だろうなあ・・・と〇〇〇〇を抱かせてしまう(笑)出来事です。さらに「〇〇〇〇」と言う〇〇〇いまでに〇〇〇的な〇〇まで使われているらしい。〇〇が操られない〇〇を〇〇のはいつの日でしょうか。(本当は〇〇を持った〇〇は今までにいたことがないのですが。) でも今日久しぶりになるほど、と思う〇〇〇に出会ってしまった。〇〇〇〇の〇〇〇の〇〇〇の〇〇だったようですが「〇〇は〇〇で最も成功した〇〇〇〇だったのだ」と書かれていました。はは、〇〇が〇〇いていながら〇〇してきたことを〇く〇いていますね。こーゆーところを〇〇に〇〇られるのが〇〇の良いところかもしれない。(9:40)


--------------------------------------------------------------------------------

99/5/9 さて、〇〇さんにはとてもお聞かせできない話を少し(笑)。将来、何らかの形で他人のクオリアを感じることのできる装置ができて、それで人のクオリアを感じたら同じっだった、なんてことになったら「人類は今まで何を悩んできたんだろう?」という感じですね(笑)。もちろん本当はここで終わりませんけど。同じであったならば遂に人類は隣人を持つ存在になることができるのですから。 〇〇〇の〇〇〇〇〇が〇〇しましたね。あれは〇〇で〇〇なことですがもし同じ〇〇で〇〇したのが〇〇〇〇〇であったならば〇はどういった〇〇を示せば良いのでしょうか。〇〇に対しては〇〇するでしょう。しかしそれと〇〇に対する〇〇は混同してはならない。〇〇に対する〇〇は〇〇〇てしまうことへの〇〇〇の〇〇であって〇〇の意図には直接結びついてはいない。〇〇に対する〇〇はそれが〇〇な行為たるかどうかを問うものであって〇〇を〇〇するものではない。もし両者を結びつけるのならば、〇の〇の〇〇〇が〇〇する〇〇のあるような〇〇には〇〇することが出来ない、という〇〇聞いてくれないような〇〇になってしまうでしょう。しかし実際には〇〇はその〇〇を取っており〇〇を与えることができる。それはなぜかと言うと〇〇が「〇」を持っているからであって〇〇が〇〇だからではないのです。もし本当に〇〇を望むのならば(〇は〇〇られた「〇〇」という〇〇を望みはしませんが)そういった〇〇的な〇〇ではなく〇〇の〇〇を問う〇〇であるべきでしょう。でも、実は〇〇には〇〇的に言って「〇〇性」より「〇〇的」な〇〇のほうが〇り〇っているのです。(9:30)

下に書いていることの関連ですが、どこを見ても「〇〇」ということが重要視されていますね。私自身言ったように「〇の〇」はとても大切なものです。この「〇」と言うのは〇〇一般の「〇」ではありません。〇の〇よりも「この〇の〇」なのです。しかしここを「〇〇の〇」としてしまうのには〇〇があります。なぜなら〇〇を変えてしまっても〇は大事ですから「〇〇」では〇〇性を持たすことは出来ない。それならいついかなる場合でも使い続けられる称号として「〇」を使うほかない。しかしそうは言っても〇〇が〇〇〇ときに「〇」とはその〇〇が想像する視点からの「〇」にならざるをえない。それでは私の言葉が伝わったことにはならない。〇の言う「〇」とは他人の察知することのできないこの「〇」なのですから。で、本当はそこを書くつもりではなくて「〇〇」のことが書きたいのですが、もう眠くて進みませんね。(14:00)


--------------------------------------------------------------------------------

99/5/8 生きるとは簡単なことではない。悲しみ、苦しみ、嘆き、慄き、自らを傷つけることによってはじめて生きることができるのだ。死を感じさせない生など生ではない。この悲しみ、愛する者を自らの手で血に染める葛藤。この苦しみ、すべての欲望を断ちひたすらに存在しようとする嗚咽。この嘆き、置き去りにされた生まれたばかりの赤子を救うことの出来ぬ背徳。この慄き、ありとあらゆるものを破壊しようとする衝動は止まることのない荒廃。これらを求め、自らに科すことが生きるということなのだ。それが出来ぬというならば刃を持ち腕を切ってみよ。そこにはあふれんばかりの生があるだろう。(10:34)


--------------------------------------------------------------------------------

99/5/7 〇〇から〇〇が〇〇ので〇〇したのですがそのとき最後を「See you next life !」で締めたのです。そうしたら〇〇〇から〇〇〇〇くらいにその〇〇がいきなり〇〇〇〇きました。〇〇〇〇して〇〇〇〇の?と〇〇と「〇〇したかと〇〇〇」ですって!さらにそんなわけないジャン、と言うと「〇〇〇ならやりかねない」というありがたい〇〇〇!どーして〇ってそーゆー〇〇〇〇なの?〇って〇が〇〇で一番〇〇から〇〇い〇〇だという〇〇があるんだけどなあ。今日の〇〇にも〇ってたけど〇〇〇〇か〇〇〇〇〇〇か知りませんがたかがそんなことで〇〇なんて〇には〇〇にできない。他の〇〇〇〇を〇の〇で〇〇〇でも〇き〇りたいです。でもだから私は〇〇できる人を〇〇しますね。別に〇〇した人は〇〇しないけど。それと、〇〇の〇を〇〇て〇〇を〇〇る〇ね。だから私は「〇より〇〇なものは〇ですか?」と聞かれたら「〇の〇です」と答えます。〇〇はそんなことを聞く〇〇は〇〇に〇〇〇けど。(11:15)


--------------------------------------------------------------------------------

99/5/5 〇〇の〇〇について〇〇から「〇〇したいほど〇と〇〇が〇〇はなにか〇〇しているのか。」と言われました。至極真っ当な意見です(笑)。ですが、どこにも〇は〇〇、とは〇〇〇ないでしょ?私は〇〇のそういうところが〇〇〇なのです。でも、もう〇〇の〇が(これを〇?は「〇」と呼んでいます)別に〇が〇〇なければ〇〇ないね、と言っています。そうすると「〇」が出てきて「なんで〇〇〇〇ないの?」と聞いてきます。もう〇〇〇ですね(笑)。(11:20)


--------------------------------------------------------------------------------

99/5/4 最近は少し忙しく〇〇をあまり〇〇ってない。〇〇〇〇を折角〇〇したんだから遊びたいのですが。〇〇たちに〇〇に〇〇すると〇〇〇がかかるので〇〇を〇〇と前前から薦めていたところ二人引っ掛かりました。〇〇〇〇を〇〇そうです。〇より〇〇ジャン。もう少しでもう〇〇〇〇そうです。そうなったら〇〇に〇〇〇〇を〇〇〇〇ということで〇〇〇〇〇からなんかもらえないかな。 私も〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇が非常に〇〇〇。なぜなら〇にいるのがうっとおしいから。まあ、いいでしょう。 〇〇は大きい〇〇がないようですね。〇〇のどこかで〇〇で〇が〇〇〇ていることを〇〇ては。そういうことに対して〇〇〇はホント〇〇らしい〇〇を持っていますね。そういう〇〇〇は〇〇したいほど〇〇ですが。(19:30)


--------------------------------------------------------------------------------

99/5/3 デジカメを買いました。少しづつHPにアップしていきましょう。そういえばデジカメがあればスキャナーはいらないな。(11:00)


--------------------------------------------------------------------------------

99/5/1 〇〇ある〇を〇いて眩暈がした。いや、眩暈ではなく〇〇だ。何の話しだったかは詳しくは言いたくない。ただ、〇〇で起きた〇〇〇〇の〇〇だった、とだけ。この〇を〇いたとき私は「〇〇〇〇〇〇〇」と意識した。紛うことなき〇〇だ。それからうまく〇〇が〇〇できなくなっている。衝動がフラッシュバックする。止まらない。止められない。このまま私は〇〇〇になってしまうのだろうか。〇〇〇にすませるなら〇〇を〇〇なければ〇〇ないかもしれない。〇だ、〇はまだ〇〇たくない。〇を使って〇〇をしたいし〇だって〇きたい。このまま〇〇なんて絶対に〇だ。でも〇を〇〇ても〇〇になるかもしれない。〇も〇に〇〇なんかして暮れはしないだろうし〇だって〇〇なんかされたくはない。〇は〇の〇に〇きるし〇の〇に〇〇んだ。〇〇たい。〇〇たい。このまま〇が誰かを知らずに〇〇なんて絶えられない。でも〇の〇が〇〇と〇め〇てている。激情だ。早く、早く〇を〇〇〇ください。〇〇たくない〇を〇〇。〇は一人だし〇も一人だ。〇〇るために〇〇んだ。〇の前にそいつが現れたら〇〇は〇〇〇だろうか。そいつは〇〇ない。そいつを〇〇し照るのは〇だ。だけど〇は〇だ。〇〇えるのは。だったら〇を〇〇しかないだろう。今眠りについたら〇はもう〇〇る事はないかもしれない。私の痕跡は全部消えてしまうんだ。それならば俺は最初からいないと同じなのでしょうか。えいえんのねむりのなかでぼくはおれをころす。わたしがわたしのあかしだとぼくにつたえるために。