Wednesday, April 6, 2016

ぷららトラフィックモニターにみる愛知、高知、沖縄の惨状

WiMAXのギガ放題を契約してるんですけど自宅には光も引いていてプロバイダにはぷらら光を使っています。まあぷらら光を選んだのは自分ではなく、家にはいない兄上なのでなぜぷらら光なのか理由はわかりません。

しかしこのぷらら光、速いときは速いんだけど夜になると極端に遅くなるんですよね。ネットで評判をみると遅くなるって声は多いけど、まあある程度は混雑も仕方ない。でも1Mbpsを切るようになるとなかなか困るわけです。特に俺は音楽も自宅ではストリーミングで聞いてることが多いからぶちぶち止まってたら全然聞けない。

まあWiMAXギガ放題が意外に優秀で3日間3Gの通信量超えて制限された状態でも1Mbpsくらいでるのでそっち使っててもいいんだけど、自室に備え付けのPC4台はできたら通信経路を日に何度も切り替えたくない。

そこでもうちょっと調べたところぷららが県別のトラフィックモニターを公開していました。これでぷららの状況がわかります。

ぷららトラフィックモニター

まず東京を見てみましょう。
夜間にトラフィックが増加していますが100%にはなっていませんね。かといってやたら低いこともなく、なかなか理想的な利用状況といえるのではないでしょうか(※ユーザーが満足できているかは別の話ですが)。

次に岩手県です。
これはユーザーがいなすぎw 収容局がスカスカで設備が無駄になっている。

それでは自分が住んでる愛知県を見てみよう。
ちょ、おま、これ…10時から18時まで90%、18時から2時まで95%というもういっぱいいっぱいの状況です。これではまともな速度が出るはずがありません。これはちょっとぷららになんとかしてもらわないといけないですね。

全国的には東京くらいの県が多かったんだけど、沖縄と高知は愛知型でした。

この二県のユーザーがどのように感じているのか聞いてみたいところですね。(゚∀゚)人(゚∀゚)ナカーマ

もうひとつ飛び抜けた県が。
静岡どうした。 富士山?