Monday, August 10, 2009

ついったらー

先週の木曜はついったで知り合った女の子と新宿でご飯を食べた。「ねえホテル行こうよ」と言われれば行く着満々だったんですがそういう展開にはなりませんでした。初めてだったしね!

しかしネット、携帯以前のポケベル時代にも知り合って会うってのは実はあったんですよ。ポケベルの番号を適当に押して送って、返事があったら電話かける、みたいな。今考えると信じられへんなw でも俺だけじゃなくって、ふつうに女の子から送られてきたりしたんだよね。でも当然顔も何もわからない状態だから会ってがっかりなんてことはよくあるのです。だから、俺は何も用意しないけど、女の子ってたいてい何かしら用意してるんだよ。例えば会って30分くらいお茶してたら彼女のポケベルが鳴って、そうすると彼女は電話しなくちゃっていって公衆電話から電話して、戻ってくると「親から帰ってこいって言われたから帰るね」と言うわけです。でもそんなんどー考えたって友だちと「30分後にベル鳴らして」って約束してて、お気に召さなかったらそこで帰るって算段なんですよヽ(`Д´#)ノ ムキー!!

そんなわけで初めて会うときにはいろいろトラウマがあったりするものですが、今回はふつうにご飯とお茶してそのあとも連絡取ってるのでトラウマにならずにスミソニアン博物館です。

金曜は夜に飲み会があったんだけど、そこで4、5人でひたすらついったについて話し続けてたように思う。今でもよしみんの話には納得してないのだけれども(笑 ついったに限らず「何かが何かを変える」ということを正しく評価することなんてできないんだよね。そんな評価基準なんてこの世界にそもそも存在してない。だから言えるのは変えるのか変えないのか、ということだけで、その意味で新しい情報インフラとして登場したついったが世界を変えるという言い方は不当なものではないと思う。

今日は今から友だちの家に行ってMacの修理を手伝わなくてはいけない。むーん。

Sent from Tokyo, 13, Japan