Tuesday, April 28, 2009

誤解を与える表現

テレビ局の放映内容や政治家の発言内容に問題があったときって「誤解を与えかねない表現であったことをお詫びします」なんて言われるけど、あれってよう考えると「取りようによっては俺が本当に言いたいこととは違って捉えられちゃうかもね。でもほんとはそうじゃないんだよ~。」って言ってるわけで、全然自分が悪かった、間違ってたとは言ってないんだよね。

それでもなんでそれがまかり通るのかといえば、人間は基本的に相手の言うことを鵜呑みにするようになってるからだろう。声の大きいほうが勝つというのは単なる体制の問題ではなく、根源的な人間の性質に基づいた現象だと思う。