Sunday, March 1, 2009

ふるえて眠る子守唄

阿久悠作詞、中島みゆき作曲、渚ようこ歌(オリジナルは日吉ミミ)の「ふるえて眠る子守唄」がヤバすぎる。聞けば聞くほど、阿久悠の凄さがわかってくる。
都会はネ全くネ闇がない
カーテン閉めても暗がりは
なかなかなかなか作れない
ふるえて眠る子守歌
この「なかなかなかなか」ってのがホントに凄い。どうしてこんな言葉が作れるんだろう…。今の歌が薄っぺらだと言うつもりはないんです。昭和だって薄っぺらな曲は山盛りあったんだし、その中でやっぱり残ったものが凄いのは当たり前といえば当たり前なんだし。それに阿久悠の詩が本当に芸術的に優れてるのかどうかは俺にはわからない。でも阿久悠の詩はどれも聞いていて耳に残るフレーズがある。それは決して俺のような凡人にはマネできないことだし、心から尊敬する。

俺が今日心に残った言葉は、通勤中にすれ違った男子高校生が言っていた
メイドに露出は求めてはいない。
だろうか。異論はあるが、高校生にしてそれを言いきる感性に拍手。