Tuesday, August 14, 2007

天体観測

昨日の夜から今日の明け方にかけてペルセウス座流星群のピークでしたね。せっかく晴れてるんだし、と思い近所の空き地で見てきました。マンションの跡地みたいなかなり広い空き地があるんです。座イスで寝転がってずっと見上げてたんだけど、3時間くらいねばってきれいに見えたのは5個くらいかなあ。やっぱ新宿の裏だから仕方ないか。というか酒飲みながら寝転がってたせいで半分寝てたからかな?w けっこう涼しくて虫の声も聞こえてきて気持ちよかった。iPodも小さく流してたんだけど、BUMP OF CHICKENの「天体観測」、吉田拓郎の「流星」が連続で流れてiPodの中の人すげえ!と思いました。

ボクの脳は必要なことはなかなか覚えてくれないのに、要らないことはけっこう覚えてたりします。その一つが、動画や音楽と場所の結びつけです。iPodで動画を見ることが多いんだけど、家でまた同じ動画を数ヶ月後にみたとき「あ、この動画って渋谷行きのバス乗っててNHK裏を通りすぎるときに見てたやつだ」なんてことがよくある。逆に道を歩いてると頭の中に音楽が流れてきて「前ここ通ったときザ・フォーク・クルセダーズのコブのない駱駝聴いてたな」と思い出すこともある。我ながら面白い記憶だとは思うけど、役に立たないこと甚だしい。しかも意外とギャルに関する記憶力は悪く、ここで前あのギャル見たな、ということはほとんど覚えていない。ギャルの服装とかも覚えてないことが多い。大学でも顔を記憶で思い出せるギャルは5,6人、顔を見て思い出せるのは十数人だろうか。まあ、ギャルじゃなけりゃまず覚えないんだけど。おかげで学内を歩いてると挨拶されてもまったく思い出せなくて困ることがよくある。悪気はないんです。

この前オープンキャンパスでバイトしてるときに、神田龍身教授を見かけた。神田教授は日本文学の先生なのでボクとは全然専門が違うけど、6年前大学に入学して神田教授の授業を受けたとき、ムチャクチャ感銘を受けたんだよね。半期の授業だったんだけど、あの授業がボクに研究の何たるかを教えてくれたと思っている。向こうは大教室の片隅に座ってたボクのことなんて覚えてもないだろうけど、あまりに久しぶりにお会いした感動で挨拶させていただきました。神田教授ってあれで学習院の先生ってところが面白い。すんげー早稲田っぽいのに。自己紹介のページ読むとけっこうどんな人かわかります。