Friday, February 21, 2003

ログ52('03 02/20~03/26)

03.03.26

休み中の楽しみといえば朝オナですよね。朝ゆっくり起きてから顔も洗わずそのままオナニー。目も覚めるし気持ちいい一日が迎えられます。朝抜けばまた夕方にはできるし、そしたら夜にもできる。ボクの一日3回オナニーライフはこうして維持されているわけです。

シンスケに引き続きシゲノリもエビオス錠を買ったみたい。みんなオナニー好きだなあ。たまにはセックスもしなくちゃいけませんよ。セックスとオナニーって比べるとセックスのほうが絶対精液の量が多いよね。あれって、ボクが思うに、かける時間の違いからくるんじゃないだろうか。オナニーってだいたい15分もあれば終わっちゃうけど、セックスって挿入してる時間が30分、前戯も含めると1時間はかかるよね。オナニーもたまにいいおかずがいっぱいあるとき一時間近くかけてやるとドクドク勢いよくでるし。瞬間的な快感はオナニーのほうが高いけどきっとまんこに挟まれてにゅるっにゅるっって続けてるときのあの快感がまた精線を刺激して精液を作ってるような気がする。とくに生理学的根拠もないけど。

あえてお薦めはしませんが、セックスはコンドームを付けるより生のほうが絶対気持ちいいよね。正直な話。実際どんなにゴムが薄かろうと一枚ある以上あのにゅるにゅる感は伝わらないわけだしさ。しかも中出しってなんであんなに気持ちいいんだろう? コンドームでしたときとか最後に抜いて出したときは絶対あの感覚は味わえない。やるな、本能。

昨日はカミノが引越しのために車を運転できる奴を紹介してほしいというのでダイスケを紹介したら、なぜか俺まで同乗する羽目になっちゃいました。それだけは避けたかったのに、、、、ダイスケは、はっきりいって死ぬほど運転が下手だ。つか下手したら死ぬほど、というのが正しいくらい。俺は奴の運転中に3度か4度は事故に遭ってるし裏では何回ヤったのか見当も付きません。そんな事情を知りつつダイスケにあえて頼むカミノの度胸はたいしたものだけど、もうボクには死と向き合って楽しめるような十代の勇猛果敢さはなくなりました。頼むからボクをみちづれにしないでください。そんな祈りも空しく車は一路八王子へ。ダイスケの運転のなにが怖いって、ブレーキを踏むタイミングが遅いこと。前の車とぐんぐん近づくあの瞬間、俺の脈拍は200を超えていたに違いない。あまりの恐怖心&暗くなってきて視界が悪くなることもあって八王子で俺は脱出して電車で帰ることにしました。これがダイスケとカミノとの今生の別れとならぬことを祈りながら、、、、

そのあと京王線で下北沢でエディ達と待ち合わせして演劇を見に行った。安いと聞いてたのに2500円だったので手持ちがなくけっこうエディに出してもらっちゃった。この前のディズニーシーといい、悪いなあ。今度酒でもおごれればいいが。劇は俺はまあまあ面白かったと思ったが、エディ達は辛口評価。ま、確かに内容の割りに2500円は高いかな。でも多分あいつらのお好みはサイケデリックでラリってるような劇なんだろう。俺はまともな人間なんで。巻き込まないでくれとおもふ。

デシェン先生にメイルで相談した結果、今年は教育学研究科の大学院の授業を聴講することになりました。バリバリ統語論のやつ。ボクの行ってる大学は言語学のコースがないからどんなに面白い言語学の授業をとってもその続きがあるわけじゃない。そうすると次の年はまた導入の授業を取らなくちゃいけなくなっちゃうのでいつまでたっても次に進めないんだよね。そんなわけでデシェン先生に院の授業を受けたいって申し込んだら快諾してくださった。先生の授業は一度しか休まなかったしかなり真面目にやったから多少は信用あったのかなー。信用を裏切らないようにがんばりたいと思います。

理工の生井先生にも生成文法の授業を取ってもいいか相談したら導入だけでつまらないからやめたほうがいいって言われました。代わりにもう何人か見つけてきたら生井先生が個人的に生成文法の研究会を開いてくださるそうだ。マジで?!ってくらい嬉しいアイデアなんすけど。鼻血出ちゃいます。といわけでこれから生成文法に興味のある人間を見つけなくちゃいけない。あー忙しいけど楽しいにゃあ。

そんなことしてたら今年は卒業単位にならないのも含めると64単位くらいになりそうです。下で本気でこなせるのは36単位が限度って書いてるのは気にしない方向で(笑 本気になれるときになっておかなくちゃ人間が腐っちゃうぜ。てきとーに人生うまく乗り切って勝ったなんて思ってる奴にはなりたくねー。それだったら人生全部思いっきり何かに突っ込んで裏目に出たらゲームオーヴァってほうが百倍マシだよな。いくつになっても丸くならねーROCKでいようじゃありませんか。

03.03.24

勢い余って今年からイタリア語を習うことにしました。英語ドイツ語フランス語イタリア語をマスターすればスイスのどこに行っても通用しそうだ。すごいぞ俺。でもドイツ語は2年間やってて中級選択ドイツ語の単位も取得したくせに未だに代名詞も覚えてません。グーテンモルゲン、ダンケ、アウフヴィーダーゼーエン。これがボクのドイツ語の知識総決算です。

イタリア語って華やかで楽しそうじゃない?イタリア語の知識といえばちんぽをしゃぶらせるのはフェラチオ、肛門はアヌス、大陰唇はラビアマジョーラ、小陰唇がラビアマイノーラってくらいだけどさ(正確にはラテン語だけど) アモーレフェラチオー。

03.03.23

ディオールのタンクトップがかっこいいのでほしいのですが、29000円てなんですか。タンクトップって2900円でも高くないですか。そんな商売してるとユニクロで買ってきたタンクトップにマジックで「でぃおーる」って書いて着ちゃうぞ。まあヴィトンのバッグとか、縫製がしっかりしてるとかケアがしっかりしてるとかで高いのかもしれん。それくらい認めよう。でもタンクトップってそこらで売ってるものとそうかわらんだろ。せめて9800円だったらなあ(<買うのかよ)

成績発表がありました。二つ落としたけどあとはまあまあかな。辞書学はけっこう真面目に発表とかしてたし出席もそこそこだったけど最後のレポートを出さなかったら落とした。まあ最初から選択必修科目で取りたくなかったしな。落としたおかげで他の科目取れるし。自分のやりたくもない科目で単位をもらうのってなんかしゃくにさわる気もするしな。でもそのせいで今年は30単位しか取得しなかった。今年はフル単で行こう。

数日前からネットでの科目登録が始まったが、ずっとサーヴァがダウンしててできません。初日に混乱があるだけならまだわかるけど数日間使用不可能ってのはどうしようもねーな。システムを構築したNECも管理者のメディアネットワークセンタももうちょっとしっかりしてほしいものだ。今年はとりたい授業が多いので「ドイツ語フランス語イタリア語英語系」「哲学系」「統語論系」のどれかを削らなくちゃいけないようだ。本当はもっといっぱいやりたいことはあるんだけど経験から言って本気で受けられる単位数は36が限度。楽勝科目じゃなきゃそれ以上とっても面倒見切れん。

そんな感じで毎日シラバスとにらめっこしてるわけですがこういうのって計画立ててるときがめっちゃ楽しいよね。文化祭より準備が楽しいって感じで。授業もつまらなくはないんだけどね。つまらんって言う人もいるけどつまらないと思うなら最初から大学来なきゃいいのにね。特にさ、政経学部とか法学部の人間はやりたいことのために学ぶわけだからつまらなくても仕方ないかもしれないけど、文学部なんて学ぶこと自体が趣味の場所なんだからつまんないって言ってる奴の気が知れない。つまらないと思うなら面白いと思うことをやりに行けばいいのに。文句を言う前に動かなくちゃね。やっぱ。

聞いた話ですが、学内でセックスをして見つかると除籍処分らしいです。除籍ですよ除籍。退学じゃなくて。亡き者にされてしまうなんて。聞いたときちょっと冷や汗が出た。いや、違いますよ。これからする機会があるかもな、とか思ってただけです。ほんとに。でも36号館の上のほうは人通りが少なくてけっこう人気スポットらしいですよ。あくまで伝聞ですが。

今年は田中克彦先生の授業が必修になってます。日本の社会言語学者、といえばこの人の名前がまず挙げられるくらいの先生です。以前も早稲田で教えてたらしいですがちょうどボクが入学した年に辞めちゃったんだよね。飯嶋先生の話では研究室で酒を飲んだり人格的にかなり破綻した人らしいのでゼミコンが楽しみです。

亀に踏まれている上、踏まれ役にならなくちゃいけないという作者の意図を掴みかねる作品。

03.03.16

確定申告の期限が明日に迫ってるのに何もしてねーや。まあ還付金も1万円くらいだしいいんだけどね。来年でも申請できるし。

この前中野のミスタードーナッツに行ったらファンシーシリーズがめちゃくちゃ充実してて10種類以上あったんです。あまりに感動して昨日もファンシーを食べるために中野まで行っちゃった。写真撮ってくるのを忘れちゃったけど、オールドファッションを二つに切って横にしてチョコで引っ付けて、上からクリームを乗せたドーナッツとか普通のドーナッツに一工夫加えた感じになってるんです。まだ食べたいのがいくつもあるのでまた行くつもり。

現在のミスドグッズはプラスチックのさいころ型ボックスなんだけど、これがけっこうひどい。何がって言うと、ポイントカードは普段1点がだいたいで2点がたまに出るくらい、それ以上なんてめったにお目にかからないのに今回のは物が100円ショップで売っててもおかしくないものだけあって高得点のカードを連発なんです。おかげでもう2個集まっちゃったよ。しかもいくつもあっても使い道ねーし。この次のランタンはけっこうほしいので楽しみにしてるけどさ。

カードと言えばマクドナルドで配ってる20万人に500円カードが当たると言うキャンペーンもまったく当たらないね。最低でも週に5回か6回はマックでセットを食べてるボクが一度3等を当てただけなんだから還元率が悪いとしかいいようがない。でもカードの下にポテトの大きさを変えられるクーポン券が付いているのは非常に嬉しいな。フライドポテトって美味しいよね。

今度マクドナルドに7時の開店と同時に入って一番乗りして朝マック、そのまま22時の閉店までマックを食べ続けながら居座ると言う偉業に挑戦したいと思ってるんですが誰か一緒にやりませんか?ポテトをサイズアップするクーポン券あげるからさ。しかもできればカウンター席でずっと店員さんに監視されっぱなしと言うのが最高。面白いと思うんだけどなー。早稲田駅のマクドナルドならコーヒーがお代わり自由なのでコーヒー好きならできると思います。あれがコーヒーと認められる度量の広さも必要だけど。

3月の21日22日にビッグサイトでデジキャラットまつりが催されるんです。う、うさだのコスプレしたお姉さんとかがいるのかなぁ。うさだコスプレのお姉さんがお尻ふりふりしてるところを想像しただけでよだれが落ちそうです。先走り汁が垂れそうです。デジカメ持参で行こうと思ってるんだけど個人的に監視役が付きそうな予感。がっくし。お姉さんのお尻を追っかけたりはできなそう。秋葉原のゲーマーズに行ったとき「ぴよこにおまかせ」の2巻が出てたので買って読みました。マジ萌え死するかと思ったよ。俺が「ぴよこにおまかせぴょ♪」なんて言われたら鼻血で出血多量になって死にます。しかも4月からテレビアニメ「デジキャラットにょ」が始まります。これは俺に死ねと言ってるのだろうか。うさだうさだうさだ~~。愛してるよ~

そういやあと4ヶ月で24歳だなあ。

03.03.14

スーパーでピルクルと言う飲み物を買ってきました。乳飲料好きとして一度飲んでみたいと思っていたのです。帰ってからわくわくしながらコップについでごくり。瞬間的に「うわぁ小学生以来の夢が叶った」と思った。これ、ヤクルトと同じ味なんです。小学生のときちょっとしか味わえなくて惜しみながら飲んでいたあの味をコップになみなみとついで飲んでるよ俺!という感じで感動モノです。大人になってよかったなあと思わせる一品ですね。

ここ最近学会や講演会が立て続けにあって東京中をあっち行ったりこっち行ったりしてます。先週は慶応大学で南山大の斉藤衛先生の講演会に行ってきた。三日間朝から晩まで統語論の最先端であるミニマリストをやるというハードなものでした。ボクは初日はギリギリついていけたけどそのあとはダウン。何の話だかさっぱり。周りは教授とか院生がほとんどだから仕方ないんだけど自分の実力不足を実感。がんばろう。

その後に日本獣医畜産大学であった生命の起源及び進化学会は生物学者に対して生成文法研究者が説明する、というスタイルで行われたのでボクもけっこう理解することができた。とはいっても、生物学者にとっては言語学というのはなじみの薄いものだろうけど生成文法家は人間の生物的基盤にも目を向けているので生物学も関係のない分野ではない。パンプキンパイさんの学部時代の指導教官だったという藤田耕司先生の講演も聞いたんだけど、内容よりも何よりまず藤田先生すげーかっこいい(笑 ちょっとニヒルな感じでさばさばしたクールな雰囲気をまとってて、こんな人が指導教官だったなんてうらやましいなーと思ってしまった。小さな学会だったけど慶応大の言語学のドン、大津由紀雄先生が鎮座してました。

今日はその大津先生が中心になって開催した東京言語心理学会議(TCP)に行ってきた。最初は朝から行こうかと思ってたんだけど、今回の学会は発表がすべて英語で行われるのでボクの集中力では最後まで持たなくなりそうなので昼すぎから出席。というのも前から楽しみにしていたマーク・ベイカーの講演会があるのです。録音機材も持ったし、準備万端!と言いたかったけどサインをもらうための本がアマゾンから届かなかった。出版は3月の頭だったけど輸入してから届けられるまで日数がかかるらしい。アマゾンでは諦めて行く途中に新宿の紀伊国屋に寄ったけどやっぱり未入荷。しかたなく諦めてベイカー先生の写真だけ撮ってきました。話?難しくてさっぱりわからんかったよ。

理工学部の生井健一先生の研究室に遊びにいっていろいろ将来のことを相談してきました。生井先生は今はまだ学界では若手なのでそんなに注目をあびているというわけではないけど、授業に非常に熱心に取り組むし自分の研究も怠らないバイタリティの溢れる人です。ボクはとてもこの先生が好きで今年度唯一授業に一度も休みませんでした。毎回必ず新しい発見を見せてくれボクの統語論への興味をマンネリ化することなく焚きたててくれました。ボクが将来教壇に立つことがあったら生井先生を真似したいなあと思う。まあ二人でチョムスキーの悪口を言ったり本を薦めてもらったりしてたんだけど、先生にはアメリカへの留学を強く薦められました。やっぱりしたほうがいいのかな。もちろん語学留学なんてものには興味がないので学部を出た後院生として。統語論ってのはアメリカが中心だし、ボクのように周りに影響されやすい人間は本場に行ったほうが気合も入るだろうしね。ちょっとこれから本気で考えてみることにしよう。

火曜日にシンスケとシゲノリにカミノ、アヤカさんと俺というよくわからん面子でスキヤキを食いに行った。シンスケとシゲノリと名東高校出身(俺は半出身)で会うんだが男三人でスキヤキを食うのも空しいので女を二人投入したのだ。馬場で食ったんだけど夜はシンスケの家に泊まることにして中野まで移動。まあ男が三人集まると女のこととセックスのことくらいしか話すことがないわけだけど(俺は特に)、二人とも最近勃起力が減退しているということなのでエビオス錠を薦めておきました。マジで精液の量が増えてオナニーが気持ちよくなること間違いなしです。バイアグラよりも効くような気さえする。シンスケは次の日にさっそく薬局で買ってるし(笑 朝起きたときにシンスケの名古屋配属が決って爆笑。これから名古屋に帰るときは会いにいってやるか(笑

なぜか突然美白に興味が出てきたのでポンズダブルホワイトを化粧水、乳液、美容液と揃えてしまいました。洗顔もホワイトニングでメイク落としは角栓がぽろぽろ取れると評判のティスディープオフオイルです。洗顔料を350円のから700円に変えただけで朝の手触りがまったく変わってびっくり。なんかこんな肌小学生以来だよ!って思ってしまった。やっぱ男でも使ってみると効くもんだね~。こういうのってすぐにめんどくさくなって辞めちゃうんだけど今回は一ヶ月は最低続けてみるつもり。白くなったらまた報告します。

03.03.02

金曜日の夜中にあやかさんの家でポップンミュージックをやってるとエディから突然電話がかかってきて(電話ってだいたい突然だけど)日曜日にディズニーシーに行かないかと誘われた。どうやら招待券が4枚あるけど、自分はバイトでいけないらしい。即座にOKしてアリマに連絡。アリマが日曜日に会うことになっていたユキコちゃんも一緒に行くことになった。すげーイベントの予感がぷんぷん。

とりあえず日曜日の朝に舞浜のベッカーズでエディ(右側)と待ち合わせ。チケットを受け取ったんだけど、どうして4枚も余ったのか明かそうとしないところが怪しさ満載だけどまあ信用(?)してありがたく頂戴。

入場したはいいけど今回は前振りもなかったし微妙に盛り上がりにかけるのでどうしようかと相談した結果、飲み会。ディズニーシーに来て一番最初にすることが酒盛りってグループなんて俺たちくらいだろうなー。いきなりハイテンションになって朝っぱらからシモネタ炸裂。夢の国もへったくれもありませんな。

適当にアトラクションに乗った後お昼ごはん。もちろん生ビールで2次会。この時点で既にボクは酒がヒザにきて足がふらふらし始めてました。酔っ払いミニー三人組。日曜日は晴れてたけど風がすごく強くて寒かったので、日没したらすぐレストランに入って窓際でディズニーシー・シンフォニーが始まるまで待つことにした。でもそれまで2時間くらいあるし暇だなー、ということで、3次会開始。ワインとビールをかなり飲んで俺はけっこうグロッキーになっちゃった。普段の飲み会でもこんなに飲まないよってくらい。みんなテンションがおかしくなってしまいウチラのテーブルでは「ちんぽ、近親相姦、オナニー」などロマンティックの欠片もない言葉が飛び交っておりました。ディズニーシーのみなさん、場をわきまえない4人組でごめんなさい。

燃え上がった俺たちのハートは止められないぜ!てな感じでボクの部屋に帰って4次会開催。焼酎は人間の理性を取り外します。ミラクル王様ゲーム開始。あ、ありまとのシックスティナイン、、、、(うわぁ

03.02.27

中島みゆきの「地上の星」って「風の谷のナウシカ~♪」って歌いたくなりませんか?

あやかさんがポップンミュージックのソフトを買うというので秋葉原まで付いていって、なぜかゲーセンでポップンをやってきました。ボクは自分の音痴さにけっこう自信があって、音程もリズムもわからないんです。だからビートマニアとか恐怖しちゃうし、ダンレボなんて畏怖しちゃうくらいです。そんなボクと対戦して1回目でいい勝負、2回目でボクに敗退したあやかさんはかなりのものだと思う。

もの(作品とか思想とか)を批評するのってすげー難しいし、ましてやそれが個人のものともなれば批評するときに細心の注意を払わなくちゃいけないのは言うまでもない。だいたい批評するときっていいものよりも悪いものに出会ったときのほうが言葉がついて出るものだし、怒りにまかせて書いちゃうってこともよくある。だからメイルを書くときの注意に「一晩寝かせろ」というものがあるよね。そのとき怒りで目がくらんでても一日寝かせて次の日に見ればそこまでのことじゃないかもしれない。これは本当にその通りだと思う。ボクもけっこう実践させてもらってる。

それに新しくボクが提案したいのは、「メイルに署名を入れる」ということ。つまり人に批判のメイルを書くとき捨てアドレスで匿名で書くなんてことはするな、というものです。ボクは企業に送るときも個人に送るときも何か用件があって送るときは必ずこちらがどこの誰かわかるようにして送るし、それが批判であればなおさら当然だと思う。批判ってのは思想的に人を斬る行為だ。だから匿名で批判するってのは闇討ちに近い卑怯な行為だし、自分も斬られる覚悟がないなら最初から批判はするべきじゃない。ボクは自分が言いたいことを言わないつもりはないし、他人からなんと言われようとおかしいと思えばおかしいと言いたい。できないかもしれないけどせめてそういうスタンスは取り続けたい。そのためにもボクは自分が誰かってことを隠すつもりはないし、匿名でしか語れないことに価値はあまり見出せない。もちろん新聞記事など例外はあるけどさ。

それと逆に批判先を明かさない批判ってのもたちが悪いよね。切り返されないぎりぎりのラインを選んで批判して、言い返されたら「君の事ではない」と言う準備をしているようで。言いたいなら直接スパッと言えばいいわけで、それもできない批判はただの陰口に過ぎない。人間陰口を叩くようになったらおしまいだとボクは思う。そんな大人にだけはなりたくないね。ボクはまだ子供だけど。

03.02.25

新しく右腕にタトゥーを入れてきた。どんなものかはネットでは内緒だけど俺的には超カッコイイと思う。これで春の入学式以降文学部キャンパスの話題は独占です(笑 てかむしろそれが目的で入れたんですけど。でもモテよりウケを狙ってしまうところは小さい頃から変わらないですね。小学校の卒業式にただ一人ランドセルを背負っていくといって俺が聞かなかった話を親から聞かされて納得。とりあえず春からの新生真人をお楽しみに。

アリマがこの前俺の部屋に泊まったときに見事な朝立ちをしてたので写真に収めてみました(18禁)。評論家のあやかさんによれば「マンガみたい。真人の朝立ちとは全然違う」だそうです(悲哀)。うるせー!男は大きさじゃねーんだ、固さだよ固さ!とか言いつつ大きさではなく勃ちの角度の問題だと深く信じております。

またあにきと一緒に写真を撮ってみた。うーむ、どう見ても似てないな。ボクはけっこう兄貴が好きなので似てると言われるのが嬉しかったんだけどこのごろは離れていってるようで少し寂しい気もする。あやかさんと一緒に撮るときはやたら笑顔になるのもさすが我が兄。さらに俺にはなにも言わないくせにあやかさんに新品のプレステ2をプレゼントしてるところなんて筋金入りの女好きですね。困ったもんだ。つか俺によこせよ。

明日には東京へ帰りまーす。


03.02.23

今日も特に用事はないので午前中は近所の電気屋で暇つぶし。プリンタって一枚あたり10円以下でプリントできるからお得かなって思ってたんだけど、写真画質の紙って一枚あたり50円以上するんだね。それじゃ高すぎだ。それってコンビニ持っていって印刷したほうが安上がりじゃん。レーザプリンタってのも結局個人用ではランニングコストが高くつくみたいだしなあ。

電気カミソリを一度買ってみたいと思っていたので店員さんに話を伺った。ところが電気カミソリより普通のカミソリのほうが深剃りはできるらしい。それじゃひげの伸びるのが速いボクにとって意味がないので却下。

新しいカミソリを買って前のカミソリが余っちゃった。オヤジがたまたま同じのを使ってるみたいだしあげてもいいんだけど、パイパンに挑戦ってのも面白いかもしれない。もちろん俺が自分のチン毛を剃るわけじゃねーよ。マン毛って量によってそれぞれ独特のイヤらしさがありますよね。剛毛、柔毛、パイパン、どれも美味しそう。でも個人的にはやっぱ剛毛かなー。女の陰毛とか脇毛がもしゃっとしてると興奮します。むしろ彼女には処理させたくないくらい。変態ですか。どーもすみません。

でも剃った直後はいいけどその後がちくちくするよね。正上位でやってるときにこすれ合って痛いのはちょっとやだなあ。ボクの携帯、「ヤる」「イく」「マン毛」とか普通に変換できるんだけど今の変換機能ってすごいね。「るな」を変換すると「月」になるのはやりすぎだと思いますが。

チョムスキーの"On Nature and Language"を読み始めたけどあいもかわらず何いってんだか意味不明。家庭教師で教え子に「英語は難しいものじゃない。慣れだ」なんて言ってるのが空しくなってきますね。ただ最近文体の違いみたいのが少しずつ感じられるようになってきたのでもしかしたら進歩はしてるのかもしれない。しかーしボクの場合本当は英語がただできるだけじゃだめで、「文法容認度テスト」がある程度こなせるようにならないとあまり意味がない。これは例えば「日本が女性が寿命が長いです」というような文章に出会ったときその文が文法的に「ではなく」、「直感的に」正しいかどうか判断するテストです。その結果は人それぞれ。今の文もOKの人とNGの人と両方いるはず。

文法的に正しいかどうかなんて文法書を読めばわかる話で、そうではなくそれを聞いた刹那意識にその文の意味が流れ出すかどうかを聞いているわけです。つまりアキコさんの言うところの、「違和感を感じる力があるかどうか」が問題になる。ボクの場合英語の文を読んだとき意味はわかってもそういう意味での直感はまったく働かない。本当はこの直感は20歳以降から身につけるのは難しいと言われている。絶対音感と同じようなものだからね。でもボクは英語をただ実用的に学びたいだけではなく自分の研究への応用を目的としているからぜひとも習得したいのです。20歳以降から英語初めて直感を得た人がいたら教えて欲しい。ボクへの愛の励ましだと思って。

03.02.22

今日は何の用事もなくヒマなので家のテレビでターミネーター2に出てるお姉ちゃんのノーブラビーチクスーケーを見たりして一日を過ごしました。甥っ子のりょうとは前回会ったときは僕の顔を見るだけで泣き出したけど今回は硬直ですんだので少しは関係が前進したんだろうか。姪のあいみはますますうるさくなってきた。俺が親だったら絶対はったおしてると思う。明るいのはいいことだけどちょっと騒々しすぎるよな。それとも小学生低学年ってこんなもんなんだったっけな。ボクはいつか誰かと結婚して子供ができてもいいと思ってるんだけど、自分の教育的価値観と教育的精神に自信が持てないのでどうしても自分で育てる気になれない。家庭教師も相互理解によって関係を成立させることのできる中学生以上なら教えられるけど、こっちの考えを基本的に押し付けなきゃいけない小学生は相手にできない。というか小学生以下は怖い。コミュニケーションの基盤となる言葉がまだ完成してないから。

周りにホモやレズがいないわけじゃないので言いにくいことではあるんだけど、ボクは同性間での結婚は認めるべきじゃないと思ってる。ただし同性愛自体を認めないわけじゃない。結局結婚ってのは個人的な繋がりから社会的な繋がりへと変更する社会的契約なわけだよね。ボクらは普通結婚することで子をなし、それによって社会はまた成立することができるという相互関係を作っている。ということは、現在の文化一般において同性愛は社会に対するコミットメントがないわけで、それなのに社会的契約を主張するのはおかしいと思う。だいたい結婚なんてのは紙切れ一枚の問題だろ。それくらい捨てる覚悟なく同性愛なんてするなって気がする。

「女性は子供を作って一人前」って言葉があるけどあれって本当だよね。なぜって、「女性」というのを考える前にまず性別というものが何かを考えると、これは生殖機能の分担に過ぎない。そして女性は生む側なんだからその役目を果たして一人前ってのは当然の論理だと思う。もちろん「人間として一人前ではない」ということじゃない。ああこれも難しいか。社会的人間としては一人前でも生物的人間としては違うことになるのかも。とにかく女であるためには男に抱かれること、子を産むこと。これが必要でしょ。子育ては俺的にちょっと判定しかねる微妙なライン。もちろん女であろうと思わないなら気にする必要もない。(少女から女へ、とか女から母親へ、など他にもいろいろ定義を考えることはできるけれども)

これは蛇足的な、かなり男に都合のいい論理だけど、じゃあ男の役割って何?と聞かれれば「子を作ること」ではなく「女を抱くこと」だと思う。女は男に抱かれてセックスが終わったあとも性別としての仕事は続く。それに対して男は女を抱いて射精すればそこで仕事は終わり。そのことはセックスが終わったあとの男女の感情の温度差に如実に表れてるよね。男は射精したらまた次の射精に向けて準備を始めなくちゃいけない。女は精液を受け取りそれを体内に温める。ボクらは同じ時間を生きる違う存在だ。

そうしてボクの女に対する復讐は続く。

03.02.21

前にタトゥー入れた店は予約日の関係で無理になって、今日ネットで見つけた新しい店に行ってきた。実はタトゥーショップに入るときって微妙に緊張してたりするビビり君なんだけど、今日の店は予約も模様の決定もすげーすんなりいっちゃってちょっと拍子抜け。なんか美容室行ったくらいの気分。なんにせよこれで数日後には新しいタトゥーを入れれることになったわけだ。

店でちょっと待ってる間にそこで入れたタトゥーの写真見たりしてたんだけど、意外と女の人が多いのね。男と女半々くらい。しかも女って太ももとか腰みたいなセクシーなところに入れてるんだよね。そんな女抱いたらちょっとドキドキだろうなー。たまにはそんな女に当たらないだろうか。ちょうど店の奥で女の人がタトゥーを入れてる最中で、ブラ姿を見てしまった。プチ幸せ。

リーバイスって会社名が「Levi Strauss」の省略形だよね。今日ふとこれを見てこれがフランス読みだとレヴィ・ストロースになることに気が付いた。今までぼーっとしてたなあ。

今日は名東高校の演劇部の飲み会だった。つか最初は俺とかな先輩だけで飲むはずだったんだけどそれじゃつまんないってことになって声をかけて5人集めたのだ。4人女。男俺一人。やた。両側に女をはべらしつつ、告白したことのある(あっさり振られた)すーに絡みつつ(またしても振られた)、楽しんできました。しかし俺の麗しき思い出であるミオリさんが仕事で来れなかったというのが超残念。告白するつもりだったのに!

店を出た後解散したんだけどイマイチ飲み足りない俺とかな先輩の二人で2店目に行く。むしろボク的にはエロトークをしたりない!って感じだったし。エロトークあらずんば飲み会にあらず!というのがボクの基本姿勢です。そこで思う存分先輩に向かってマシンガンエロネタトーク。射精するくらいの勢いで気持ちよく吐き出したシモネタを全部聞いてくれたうえにおごってもらってしまった。顔射。じゃない。感謝。

03.02.20

普通電車でのこのこ名古屋まで乗り継いで6時間ほどかけて帰ってきました。熱海から浜松の間のとき向かいの席にすげー美人のお姉さんが座ったので話しかけてみたけどあっさり振られました。その割りに浜松から名古屋の間は同席のおばちゃんたち3人組にやたらもててみかんをもらっちゃった。えへ。美人は見ててもお腹はふくらまないけどおばちゃんは食い物もらえたのでよしとしよう。

女の顔に射精して精液をかけること顔射っていうよね。「顔射ん動ぜず」ってギャグも思いついたけどそれはおいておいて(つーかわかんねーか)。AVの場合フィニッシュは顔射であることが多いです。だから、顔射マニアは普通の顔射では飽き足らず、大勢の男が女に顔射をキメる「ぶっかけビデオ」に向かうわけです。セックスは二の次でとにかく女が精液まみれになるのをみて興奮しようというもの。ボクも一度汁男優として参加してみたい気もするけどボクの場合タトゥーがあるから他の人よりばれやすいんだよね。断念無念。そしてここからが本題。

欧米ではぶっかけが伝統としてなかったらしく、この言葉をそのまま輸入してるんです。「BUKKAKE」です。嘘だと思うならBUKKAKEでググってみるがいい(18禁)。もう乳白色の白濁液が大洪水ですよ。世界の共通語BUKKAKE!これからは「英語に入った日本語」の話題になったらスキヤキとかスシ、ツナミなんてたるいこといってないでこれで行きましょう。We love BUKKAKE! ドゥユーライクブッカケ?オーイエーミートゥー!BUKKAKEは世界を救う!

でも当然ながら女にはなんでそんなので興奮するのか理解できないだろうなー。やっぱね、顔射ってのは男のロマンですよ。首筋から額へと向かって走る幾筋のミルキィウェイ。天の川ですよ?!そりゃ大宇宙的神秘にチンポもビッグバン起こしたくなるにきまってるじゃないですか。だから飲んだり口に出させてあげなくてもいいからたまに顔射させてあげると彼氏は異常に喜ぶと思いますよ。

顔射って何回も変換直すのめんどいから辞書登録しちゃった。ちょっと反省。